カテゴリー:雑学

  1. 子供がいるのに離婚を決意するのは、 よほどの理由があってのことでしょう。 夫婦だけの問題で離婚するのとは、 考えなくてはいけない問題がけた違いに多いです。 そんな経験をしていると、 子連れ再婚には慎重になるでしょう。 …

  2. 結婚している人の多くは、 長い結婚生活の間に、 一度や二度は離婚を考えることは とくに珍しいことではありません。 もともとは他人同士の夫婦なので、 どうしても合わないことや、 許せないことがあっても不思議ではないでしょう。 …

  3. 翼状片は、結膜組織が 黒目の方に伸びてくるもので、 それ自体は焼成の腫瘍として診断されます。 結膜の下にあるテノン嚢という層の組織が 増殖して盛り上がり、 その隆起の中に血管を含むので、 消えない充血のように見えることもあり…

  4. 日本の離婚率は約35%と言われており、 3組に1組は離婚するというのが現状です。 離婚カップルの全体数が増えれば、 それだけ再婚するカップルも増えます。 では、再婚の場合はどうでしょう。 初婚の時に失敗したことを踏まえ…

  5. 一日の疲れを癒やすための休息のはずの睡眠なのに、 なぜか朝起きた時に体が疲れる感じがする。 そんな方はもしかして、 睡眠中に歯の噛み締めていたり、 歯をギリギリと擦り合わせる歯ぎしりをしていて、 疲れるのかも知れません。 …

  6. 養育費の金額は お互いに納得して決めたのだから、 金額を減らされるのは困りますね。 一方的に養育費の減額を求めてきて、 こちらの同意もなく減額されることもあるので、 養育費の減額請求された場合の 対策を考えておきましょう。 …

  7. 養育費の不払いがあまりにも多く、 泣き寝入りして生活に困窮する 母子家庭が増え続け、 やっと養育費の差し押さえとして、 給与から強制執行できるようになりました。 それから十数年の年月が流れていますが、 養育費の差し押さえがで…

  8. 養育費の未払いで困っている人がとても多く、 その対策として、給与などから 養育費を天引きさせる 差し押さえ(強制執行)が 認められています。 しかし、 その手続きを全て自分で行うとなると 少し難しいこともあるのです。 …

  9. 子供がいないとしても、 夫婦が離婚する場合は色々大変です。 そこに子供と一緒に今の住まいを出ていくとなると、 さらに大変なことが色々出てきます。 例えば新たな住まいを探す時に、 母子家庭でも借りれる賃貸住宅というハードルが…

  10. 養育費の金額を決めて、 支払い方法も話し合いで決めたとしても、 公正証書などきちんと契約として 残しておかないと後から大変な トラブルになることがあります。 相手が再婚したり、 収入が減ったりすると、 減額の申し出が認めら…

  11. 養育費の支払いをきちんと決められた通りに 支払ってくれるケースは驚くほど少ないです。 支払う意思が見られない場合は、 差し押さえ(強制執行)も可能です。 公正証書や裁判所の調停の結果など、 準備が整っていれば、 相手の給…

  12. 離婚の原因は色々ありますね。 性格の不一致とか、 経済的な理由とか。 離婚時に泥沼になりやすいのは、 やはり不貞行為です。 いわゆる浮気、不倫などのことです。 もしも妻が不貞行為をして、 それが原因で離婚となっ…

  13. 離婚の時に二人で話し合って決めたはずの 養育費なのに、きちんと払っている 人の方が少ないというのが現実です。 養育費の未払いに対して、 どうすればいいのかわからないまま 泣き寝入りしてしまうケースの方が多く、 それが未払いす…

  14. 離婚時に双方で取り決めた養育費は、 子供の成長のためにきちんと支払うのが 親としての責任ですね。 しかしながら、 今の日本は、非正規雇用ばかりが増えていて、 安定した収入を確保できるとは限りません。 離婚の時に決めた額の…

  15. 離婚する時に子供の養育費のことを きちんと話し合って決めても、 実際には離婚後に養育費を 支払ってくれないケースは とても多いのが現実です。 相手が養育費を支払ってくれない時には どのような対策をすればよいのでしょうか。 …

  16. 喜怒哀楽が表情に出やすい人は、 感情表現が豊かだと言われることがあり、 無表情よりも社交的な人が多いですね。 無表情で何を考えているのか わかりにくい人よりも 安心感があるからでしょうか。 しかし、 一見すると無表…

RETURN TOP

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ