PTAには揉め事が山ほどある?役員にはどんなトラブルが起こるのか!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

PTAは子供が学校に行くといつの間にか
入会している団体です。

本来は町内会などと同じく、
任意の団体なので、
入会しなくても問題はないのですが、
町内会以上にPTAは入会を
拒否しにくい
ものです。

親が入会しないことで、
子供が何か困らないかしら?

と思うと、入会したくなくても
渋々入ってしまうのです。

入会を断ることができなければ、
PTAの役員の候補になるわけですが、
役員になると色んな揉め事
巻き込まれることも少なくないようです。

PTAでは、どんな揉め事が起こるのか、
実際の事例を集めてみました。

PTAの揉め事は役員の選出から起こる

PTAは、Parent Teacher Associationの略です。

それぞれの学校単位で作られる団体で、
教師と親(保護者)がお互いに協力して、
学校と家庭の教育を向上させる目的で作られます。

実際には、学校行事のサポートをしたり、
PTA独自のイベント(バザーなど)を
企画運営などが主な仕事になっています。

ほとんどの保護者がPTAに入会しますが、
その中から役員を選出します。

一般の会員はほとんど
何もすることはありません。

PTA総会で決まったことを確認する程度でしょう。

しかし役員になると大変です。

毎月のように集まりがあり、
イベントの時期になると頻繁に集まり、
PTA役員が準備をしなければいけません。

仕事をしている人や、
就学前の小さなお子さんがいたりすると、
PTAの役員の仕事も思うようにできないので、
役員を誰もやりたがらないのです。

役員をお願いしても
引き受けてもらえないことで、
揉め事になるケースがとても多いのです。

引き受けられない正当な理由もないのに、
ただやりたくないというだけで断られると、
保護者同士でギクシャクした
関係になってしまいます。

 

PTA活動に参加する人としない人の揉め事

PTAの役員を引き受けると、
色んな仕事をしなければいけません。

学校単位で活動内容は違いますが、

  • 運動会
  • 文化祭
  • 授業参観
  • 卒業式
  • 入学式

など、学校の大きな行事には
PTAの仕事も増えます。

そんな時に同じ役員の立場でも、
仕事をしている人と仕事をしていない人
対立してしまうことがあります。

仕事があるかどうかに関係なく、
役員になったのだから、
公平に活動に参加すべきなのに、
仕事をしていることを理由にして、
活動に協力しない人もいるのです。

専業主婦と有職主婦の対立のようなことが、
PTAの揉め事にも波及してくるのです。

Sponsored Link



専業主婦だから暇だと思って、

私たちに押し付けて!!

と怒りを生むことも
あるので注意しないといけませんね。

できる範囲で構わないから
役員を引き受けて欲しいと
お願いされたから引き受けたのに、

いざとなれば仕事を休まないと
活動できないなんて、

騙されたようなものだ!!

という怒りを生むことも。

どちらの立場にも、
言い分があるのですから、
こうなるとPTAの存在がなくなれば
揉め事もなくなるような気もしてきます。

【いじめとPTA問題

 

まとめ

PTAにありがちな揉め事を集めると、
キリがないほど色んなことがあるようです。

ただ、基本的には、
それぞれの事情に関係なく、
入会させられたり役員を押し付けられることが
揉め事の根底にあるような気がします。

PTAに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ