母子家庭の医療費は歯医者も助成対象になるのか?真相に迫ってみた!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

母子家庭や父子家庭など、
一人親の家庭には、
医療費を助成してくれる制度があります。

子供の医療費は、
ある年齢になるまで無料になるのは
自治体によって制度が違いますが、
この制度で子供の医療費が無料になっても、
親の医療費まで無料になるわけじゃありません。

一人親世帯の医療費助成の制度は、
子供も親も対象になります。

その医療費の助成制度は、
歯医者でも適用されるのでしょうか?

母子家庭の医療費助成は歯医者でもOK?

母子家庭や父子家庭など、
一人親世帯を対象にした医療費の助成制度は、
歯医者でも使えます。

子供も親もどちらも無料
治療を受けられます。

歯医者の治療は、一度の治療で終わることは
ほとんどありませんよね。

少しずつ治療するので、
長ければ半年や一年以上の通院をすることも
珍しくありませんね。

一度の治療費が高いわけじゃないのですが、
長く積み重なると負担も大きくなります。

助成制度があれば、
安心して治療を受けられますね。

 

自由診療は適応外

歯医者の治療には、
健康保険適応になる治療だけじゃなく、
自由診療があります。

例えば、削った歯に被せる素材によって
自費になるものがあります。

他にも、見た目の問題だけで歯科矯正するとか、
ホワイトニングなどをするのも自費になります。

母子家庭や父子家庭を対象にした
医療費助成制度は、あくまでも
健康保険適応内の治療だけしか使えません。

自由診療の治療を受けたい場合は、
何の補助もないので注意しましょう。

Sponsored Link



 

助成制度を使うのは嫌がられないのか

医療費の助成制度を使うことについて、

「医者が嫌がらないのか」

という不安を持っている人が少なからずいます。

歯医者に限ったことじゃないですが、
どうせ無料で治療するんだから」というのが
カルテを見ればわかってしまいます。

もしかして、それで医者が手を抜いて
いい加減な治療をしたりしないのか?と
余計な心配をしてしまう人がいます。

でも、そんな心配は一切必要ありません。

医療機関に入ってくるお金は
助成金を使っても使わなくても同じです。

自由診療になると、
医師が自由に治療費を決めるので、
保険の効かない治療の方が、
歯医者では確かに儲かるという事情があります。

だから、

保険と自由診療では歯医者のモチベーションに
少々の差が出てしまうかも知れません。

しかし、健康保険を使って治療することと、
助成金を使って自己負担分を公的資金から
支払われることでは、
歯医者には何の関係もないので、
その点は変に心配することはないでしょう。

【シングルマザーの手当と助成金

 

まとめ

母子家庭の医療費助成制度は、
子供を育てていく上でとても助かる制度です。

子供の健康を守るためにも重要ですし、
生活を支える一人親の健康を守るためにも
とても重要な制度です。

お金のことが心配で、
病院に行くのをためらうようなことがないように、
母子家庭、父子家庭になったらすぐに、
手続きをしましょう。

シングルマザーに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ