出産の健康保険の活用方法!補助の給付手当の適用で自費の金を節約

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

妊娠や出産には、
多くのお金がかかります。

しかし、

加入している健康保険から
多くの費用をもらうことができるので、
トラブルがなければ、妊娠・出産の費用
まかなうこともできるのです。

というわけで、今回は、
出産にまつわる健康保険の上手な活用方法
をご紹介しましょう。

出産と健康保険の関係

赤ちゃんを出産するためには、
妊娠が分かった時点で産婦人科にかかり、
お住まいの役所に届け出て
母子手帳の交付をしてもらわなければなりません。

image

この母子手帳の交付の際に、
母子手帳といっしょに交付される
妊婦健診の補助券が重要です。

妊婦健診は健康保険が適用にならないため、
検診にかかった費用は全額自己負担
になってしまいます。

そこで重宝するのが、
補助券です。

 

補助券の利用方法

自治体によっても補助券の使用回数や
補助券の金額などはさまざまですが、
筆者の場合ですと4,700~10,200円までの
補助券が14枚ついていました。

yjimage

この補助券は、
毎回の検診時に1枚ずつ使用でき、
診療代から補助券の金額を引いた
差額分を支払うようになります。

では、妊娠や出産に健康保険は必要ないのか。

そういうわけでもないんです。

出産時には、病院や出産時の
状況などにもよりますが、
だいたい40~60万円の
出産費用
がかかります。

このときに健康保険は活躍してくれます。

出産費用は、間接支払制度
直接支払制度の2種類の
支払い方法
があります。

Sponsored Link
 

間接支払制度

間接支払制度は、
出産時にかかった費用を
退院時に自己負担にて支払い、
後日健康保険組合などに
届け出ることによって、
かかった費用のうち42万円を返還
してくれる制度です。

 

直接支払制度

一方、

直接支払制度は、
かかった出産費用のうちの42万円を
加入している健康保険から
直接病院へ支払ってもらい、
その差額分を退院時に支払うという制度です。

健康保険から支払われる
42万円というお金は、
出産育児一時金または家族出産一時金
と呼ばれるもので、このおかげで
出産時にかかる費用の大半がまかなわれます。

また、
加入している健康保険によっては、
42万円よりも多くお金を
受け取れる場合がある
ため、
出産を控えている方は、
一度ご加入の健康保険組合へ
問い合わせてみるといいでしょう。

yjimage

しかし、

かかりつけの病院が産科医療保障制度に
加入していない場合や22週未満で
生まれた場合などは、給付額が39万円に
なってしまいますので注意
してください。

 

まとめ

妊娠や出産と健康保険は、
切っても切れない関係があります。

ご加入の健康保険の内容をしっかりと把握し、
給付を受けられる金額や条件などを
しっかりと把握しておくことで、
出産時にかかった費用を
まかなうこともできると思います。

受け取れる給付はしっかりと受け取って、
これからの子育てに活かして
いけるようにしたいですね。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ