結露取りワイパーや結露防止テープは100均ショップのもので使える?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

窓ガラスの結露対策として、
こまめに結露取りワイパーを使ったり、
結露防止テープをガラスに貼ったりして
対策してみようと考えていますか?

結露取りワイパーや結露防止テープは、
100均ショップでも売っているので、
結露対策にお金をできるだけかけたくないなら、
100均ショップのものから試してみたいですよね。

でも、いくら100円でも、
使えないものを買うのは
ムダになってしまいます。

100均ショップの結露対策グッズについて
調べてみました。

100均の結露取りワイパー

結露取りワイパーは、冬になると
ほとんどの100均ショップで見かけます。

大手のダイソーでは、
数種類の結露取りワイパーが並んでいます。

ペットボトルを装着して、
結露をたっぷり溜められるタイプから、
付属のタンクに溜めるタイプの2つに分かれます。

私はどちらのタイプも使ったことがありますが、
100円にしてはかなり使えるものです。

ただ、

ホームセンターなどで売っている
結露取りワイパーと比べると、
結露を取る能力は落ちます。

その理由は、ゴムの柔らかさが
足らない
からです。

結露取りとして使うのは、
冷たくなったガラス窓に対してですから、
ゴムの素材が悪いと、
硬くなってしまうのです。

ワイパーの先端のゴムがガラスに密着しないと、
きれいに結露を取ることができません。

取り残しの筋が残ってしまうので、
仕上げに乾いた布でふき取る必要があります。

それでも、ベタベタになったガラスを
布で直接ふき取ると、何度も絞ったり、
布を変えなくてはいけないので、

その手間を考えると、少しくらいの
取り残しが出ても、100円の
結露取りワイパーでも使えると思います。

Sponsored Link



100均の結露防止テープ

結露が滴り落ちてしまうのを防止するために、
結露が発生するところに貼り付ける
結露防止テープも100均ショップに
色々な種類が並んでいます。

吸水性のある紙素材のテープや、
スポンジのような素材のものなど色々です。

100円のテープは、長さや幅が
十分ではない
ものも多く、
家の中の結露対策のために使うのは、
かなり大量に購入しなければいけないので、

ホームセンターで購入した方が
割安になるかも知れません。

小さい窓などに使いたいなら
100均のもので十分でしょう。

結露防止テープは、結露をたっぷり含んで
滴り落ちるのを防ぐのですから、
貼りっぱなしにするとカビが生えたりして
衛生的に問題があります。

結露がおさまってきたら剥がして、
毎年新しいものを使うので、
使い捨てにしても惜しくない
価格のものがおすすめです。

関連:結露とは何が原因で発生する?湿度じゃなく温度差がキーポイント!

【結露対策

 

まとめ

結露対策グッズは、色々便利なものが
開発されていますが、一番シンプルな対策は
結露取りワイパーや防止テープです。

冬の間しか使わないものなので、
毎年買い替えてもお財布に痛手の少ない
100均ショップを上手に活用しましょう。

結露に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ