口内炎が奥歯にできる原因と予防!当たると痛いのが嫌!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

虫歯を経験した事の
無い人はとても少ないでしょう。

小学生の時から虫歯検査で色々とチェックされて
虫歯が発見されると歯医者に行きます。

現在では小学生に入るまでの小さい子供達でも、
虫歯になっている子がいると言われています。

これは親がすぐに泣き止ませたりする為、
お菓子を与えたりする事が原因です。

でも、

虫歯になっても乳母だから
問題ないと思っていると、
怖い目にあいます。

歯科医院に行って始めはだいたいが、
奥歯の治療から始まったのではないでしょうか。

なぜ奥歯には虫歯が多いのでしょう?

そして口内炎と虫歯は
切っても切れない関係にあります、

奥歯の歯磨き

虫歯は一つ発見されると、
全ての歯に注意が必要になります。

何故か、虫歯が出来た一本の歯だけが
悪いのではなく、口の環境が悪いからなんです。

特に食べた後に奥歯に物が残っているのに、
歯を磨かないと、そこから侵食が始まります。

歯の形状や磨きにくさからも
奥歯の方が虫歯になりやすいです。

物を食べた時に、最後に
細かく噛み砕くのは奥歯です。

虫歯が増える順番としては上も下も
奥歯からが順になりやすいというのが通常です。

一本でも虫歯が出来てしまうと、
隣の歯も虫歯になりやすのは、
みかんでも、虫歯でも同じ事で
全体的な歯磨きの習慣がとても重要です。

 

口内炎の種類

口内炎は粘膜に出来る炎症のことです。

出来やすい場所は歯茎や、
頬の内側部分、そして舌や唇が代表です。

 

アフタ性口内炎

一般的に口内炎と言われているものです。

クレーターのような窪みができて、
白っぽい潰瘍ができるというものです。

アフタ性口内炎はほっておいても
1~2週間で治ることが多いですが、
場合によっては再発する事もあるので注意が必要です。

 

カタル性口内炎

赤くただれた腫れ物が出来るのが特徴です。

歯の噛み合わせが悪く
口の粘膜を噛んでしまう事です。

歯科医院で治療を受けて、被せ物をしたり、
入れ歯を作った後に出来た、
そんな人が多いいようです。

Sponsored Link
 

 

ウイルス性口内炎

原因はほとんどが
ヘルペスウイルスへの感染によるものです。

口内炎を引き起こすのは
単純ヘルペスウイルスです。

他の口内炎と違い激しい痛みを伴なう水ぶくれが、
唇表面や、口角部分に出来るのが最大の特徴です。

口内炎の原因は他にも体力の低下や、
ストレスなどありますが、やはり
口の中を清潔にしておく事が大切です。

奥歯の清潔を心がけると、
虫歯にはなりにくいです。

虫歯から口内炎になっても、口内炎から
直接関係して虫歯になる事はありません。

つまり、

奥歯の予防をしておけば、虫歯になりにくく、
口内炎にもなりにくいのです。

関連:口内炎は栄養不足が原因?食事で予防するためのおすすめポイント

【口内炎の治療方法】

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ