噛み締めを予防する市販のマウスピースに小顔効果もあるってホント?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

歯を噛み締めるクセがあると、

  • 頭痛
  • 虫歯
  • 歯周病

などの原因になるので、
歯を噛み締める癖は矯正した方が良いのです。

歯科医院では、噛み締めクセによる歯のダメージを
防ぐためのマウスピースを作ることがあります。

噛み締め癖はストレスが原因とも言われていて、
現代人に多いのですが、噛み締め癖を直すために
マウスピースを使うようになったら、
小顔になったという体験談を目にします。

そもそもマウスピースには
小顔効果があるのでしょうか?

噛み締める癖による影響から、
その真相を探っています。

噛み締める癖による影響

噛み締めクセは、噛む必要がない時に
無意識に歯を食いしばることです。

スポーツ選手などは、
瞬発的に力を出す時に
歯を噛み締めて食いしばるため、
虫歯、歯槽膿漏などで歯がボロボロになりやすく、
自分の歯を維持できない人が多いそうです。

ボクシングなど格闘技では、
打撃による歯の損傷を防ぐために
マウスピースを装着しますが、
マウスピースを使わないスポーツでは、
歯への負担を軽減するためにガムを噛んだりと、
対策をしているのです。

それくらい、食べる時以外は
歯を噛み締めるのは避けた方が良いのです。

虫歯や歯槽膿漏などの歯周病以外にも、
噛み締めるクセによる影響は、
頭痛や肩こりなど、
噛む筋肉の硬直による症状を起こします。

関連:無意識に噛み締める癖がある人は歯周病や虫歯のリスクが高くなる?

 

噛み締めの市販のマウスピースで小顔になる?

噛み締めクセを直すために
マウスピースを装着すると
ムダに筋肉を使わないので、
筋肉の硬直が解消されます。

その効果で小顔になれるというのは
噛み締めることでエラが張ることがあるので、
それが解消されるからなのです。

エラが張るのは、
顔の骨格によるものと、
あごの筋肉が発達することの
二つの原因があります。

骨格によってエラが張っている場合は、
マウスピースで小顔になることはありませんが、
筋肉の発達によるものなら、
かなりの変化が期待できます。

芸能人でも、噛み締めるクセを直すために
マウスピースを使うようになって
小顔になった人もいます。

例えば美容番長のシルク姉さんや、
光浦靖子さんです。

彼女たちは、きちんと歯磨きしているのに
虫歯になりやすいので、
歯科医から噛み締めクセを指摘され、
マウスピースを使うようになったとか。

ムダに筋肉に負荷をかけているのは
良いことは一つもないのです。

Sponsored Link



 

噛み締めのマウスピースを作る費用は?

マウスピースは、自分の歯の形に合わせて
歯科医で作ると効果が高いです。

症状に応じてマウスピースの
厚みなどを調整できます。

ただ、保険適応外になると費用は高くなります。
保険適応であれば5000円~1万円くらいです。

保険適応外となると歯科医院によって、
費用の差は大きいです。

眠っている間の歯ぎしり予防として
市販のマウスピースを使うこともあるので、
まずはマウスピースを試してみたい方は
市販品から使ってみても良いのではないでしょうか。

【噛み締めを10秒で緩和する方法

 

まとめ

噛み締めクセを直したら
小顔になったというのは
オマケとしてはかなり嬉しいですね。

噛み締めクセかも?

と思っているのなら
試してみてはいかがでしょう。

噛み締めに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ