ノロウイルス回復後の食事はすぐに普通の食事に戻してもいいの?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

ノロウイルスは胃腸に症状が出る感染症ですから、
急に嘔吐したり、下痢が続くことが一般的です。

栄養を補うことが難しいので、
ノロウイルスの症状がひどい時には
食事もまともに摂れなくなってしまいます。

回復後には、できるだけ早く体力を戻すためにも、
食事はしっかり摂りたいのですが、
ほとんど食べられなかったので、
いきなり普通の食事では胃腸への
負担が大きくなるかも知れません。

ノロウイルスの回復後の食事について
解説しましょう。

ノロウイルスの症状が出ている間の食事

ノロウイルスの症状が出ている間は、
無理に食事をしても嘔吐してしまうこともあるので、
嘔吐が激しい場合は食事を
控えた方がラクになる
と思います。

食べ物を嘔吐すると、
喉に詰まらせてしまい
窒息する事故リスクが高くなります。

ですので、

お年よりやお子さんはとくに
嘔吐の症状がある時には、
固形物を食べるのは控えて、
水分を重視した方が良いでしょう。

嘔吐の症状がひどい時は、
胃の中に何も入っていなくても
吐いてしまうこともあります。

胃の中に分泌するものは酸性が強いので、
水分をしっかり摂って嘔吐した時の
食道への負担を軽減
するようにしましょう。

 

嘔吐がおさまった回復後の食事

ノロウイルスの症状は
2日~3日で徐々に回復します。

ツラい嘔吐と下痢の症状がおさまってきたら
少しずつ食事を摂るようにします。

いきなり消化に時間がかかる食べ物は、
ひどい炎症がおさまったばかりの
胃腸にはヘビーなので、
消化しやすいものを食べます。

具体的には、動物性たんぱく質はまだ控えて、
おかゆや軟らかく煮たうどんなど、
吸収率の良いものから始めます。

果物や野菜は食物繊維の
消化に時間がかかる
ので、
少量から食べるようにしましょう。

食べ物が胃に入っても痛みや吐き気など
不快感が出なければ、ヨーグルトなど
腸の中の善玉菌を増やす効果のある
乳酸菌を摂るようにします。

関連:ノロウイルスは加熱しても死なない?冷凍食品で感染するリスクが…

Sponsored Link



 

ノロウイルスの回復後に避けた方が良い食べ物

ノロウイルスは、小腸の上皮細胞
増殖してしまい、胃の運動を
低下させることが主な症状なので、
胃腸はかなりダメージを受けています。

症状がおさまった回復後でも、
1週間程度は酸っぱい食べ物や辛い食べ物
控えた方が良いでしょう。

胃の粘膜がひどくダメージを受けているので、
食べ物の温度も気を付けましょう。

熱すぎるもの、冷たすぎるものではなく、
常温から少し温かい状態にして
食べることがおすすめです。

食べる量も1週間ほどかけて少しずつ増やして、
元に戻すようにしていきます。

関連:ノロウイルスとはどんな症状が出る?対処療法を知って最低限に留めよう

【ノロウイルス対策

 

まとめ

ノロウイルスは数日くらいで症状がおさまっても
胃腸の回復にはもう少し時間がかかります。

体力を早く戻すためといっても、
胃腸が元気になるまで気を付けましょう。

ノロウイルスに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ