出産準備でマタニティブルーにならないコツを教えます!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

かわいい赤ちゃんに会えるまでの
妊娠期間中は、働いているママや
自宅で安静に過ごしているママに
よっても違いがあると思います。

そこで、どんな方にとっても
マタニティライフを満喫するため
どんなことをしたらいいのか、
まとめてみました。

身辺整理をしっかりと

妊娠期間中は、自分やお腹の赤ちゃんの
体調はもちろん、これからの出産や子
育てに向けての身辺整理を行うようにしましょう。

妊娠をきっかけに結婚をされた方は、
公共機関への届け出や会社、銀行などの
名義変更など、やらなきゃならないことがたくさん。

無理のない程度に少しずつ
終わらせていくといいでしょう。

また、

妊娠したことによって、これまでの生活を
見直す必要もあるかと思います。

規則正しい生活を心掛けたり、
お酒やたばこなどをやめるのはもちろんですが、

服や仕事内容なども
変えざるを得なくなるでしょう。

そういったことも含めて、今一度、
自分とおなかの赤ちゃんのために
身辺整理をすると、気持ちの
整理もつきやすくなります。

 

休日や産休中はゆったりと

妊娠中は、精神的にも肉体的にも
不安定な時期がほとんどです。

そのため、家族や会社の
理解が必要になります。

新しい命を宿しているので、
精神的や肉体的に負担が
多くなるのは当たり前のことです。

そんな状況のプレママさんをしっかりと
まわりの人たちが支えてあげることで、
出産や子育てにも理解をしてくれるでしょう。

Sponsored Link
 

ですから、

休日や産休中は自分の身体を
しっかりと休めることを一番に考えてください。

よく自分1人の身体じゃない
とは言いますが、まったくもってその通りなのです。

ママが不安やストレスを感じていると、
おなかの赤ちゃんにもそれが伝染してしまい、

出産や子育てに対して、不安だけが
出てきてしまうようになります。

イライラしてしまうのは仕方がないことですが、
そのイライラを長引かせないように
することがポイントです。

イライラばかりだと気が滅入ってしまいますし、
なにより赤ちゃんにとっても
悪い影響が出てしまうかもしれません。

ママが楽しい、うれしいと思っていれば、
おなかの赤ちゃんに伝わり、

生まれてからもきっと
良い影響が出ると思います。

【マタニティブルー】

 

まとめ

マタニティライフは
たったの10ヵ月しかありません。

10か月という短い期間で、
赤ちゃんは自分の身体や心など、
すべてを創って生まれてきます。

ですから、

マタニティライフを送るうえで、
どれだけママがうれしい気持ちや
楽しい気持ちでいられたかによって、

赤ちゃんにも少なからず
影響を与えるものだと思います。

妊娠は病気じゃないとは言いますが、
ちょっとした病気よりも
ひどい症状のときがほとんどです。

つわりや流早産の危険、
出産や子育てへの不安など、

さまざまなことを乗り越えるからこそ、
新しい命を生むことができるのだと思います。

残り少ないマタニティライフを
豊かなものにし、しっかりと
自分や赤ちゃんに向き合っていくことで、
出産や子育てにも向き合っていけると思います。

出産準備に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ