出産準備の金額はいくら?補助金を知って最低限の総額に節約しよう

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

初めての出産を迎える方も、
2人目以降の出産を迎える方も、
お金のことって不安になりますよね。

今働いているプレママさんやママさんも、
出産のときには一時的に会社を
休まなければならなくなり、その間の
お金はどうしようと悩む方も多いかもしれません。

そんな方のために、
出産にかかる費用と公的機関からの
補助にはどんなものがあるのか

まとめました。

出産にかかるお金

出産にかかる費用としては、
以下のものがあります。

妊婦健診の費用

これは、地域や病院、産院などに
よってもかかる費用は多少増減します。

また、

検診時に使用できる補助券を
交付している市区町村がほとんどですが、
検査の内容や体調などによって
処方される薬などもあるかと思いますので、
その費用がかかります。

目安としては、
検診のみで10万円くらいは
見積もっておく
といいでしょう。

 

出産費用

出産費用は、公立の病院や個人病院、
産院などによって費用は変わってきます。

また、大部屋や個室などによっても変わります。

だいたい30~70万円ほど
かかると思います。

 

妊娠中に必要な衣類などの雑費

マタニティ用のブラジャーやショーツ、
服などで、個人差はありますが、
5~10万円
ほどになります。

 

出産準備金

赤ちゃんのための衣類やベビーベッド、
布団やオムツなど、うまれてくる赤ちゃんに
かかる費用で、10~15万円くらいでしょうか。

出産にかかわるお金だけでも、
55~105万円ほどのお金が必要になってきます。

yjimage

こう考えると、
赤ちゃんを産むというのは経済的にも
身体的にも負担が大きいということがわかりますね。

ただ、

公的機関からの補助もありますので、
そこまで心配はいりません。

 

公的機関からの補助

出ていくお金ばかりに気を取られず、
もらえるお金にもスポットを当てていきましょう。

yjimage

出産育児一時金

加入している健康保険機関から、
1児につき一律42万円の補助が受けられます。

今は、病院で「直接支払制度」か
「間接支払制度」のどちらかを
選択することができます。

 

出産手当金

産前6週、産後8週の産休を取得している場合に、
その間の生活をサポートするため、会社の
健康保険より標準報酬日額の2/3が支給されます。

また、

多胎妊娠の場合は、産前14週から支給され、
予定日を超過して出産した場合には、
その超過分も含まれます。

 

高額療養費制度

月に81,000円以上かかった場合には、
その超えた部分に関してほぼ全額が返還されます。

帝王切開手術を受けた場合には、
高額療養費の対象となる
ため、
81,000円を超えた金額は、
3か月後に変換されます。

 

高額医療費控除

年間の一世帯当たりの
医療費が10万円以上の場合
確定申告によってそのうちの
いくらかが戻ってくる制度になります。

詳しくは税務署に問い合わせてみましょう。

 

傷病手当金

妊娠中に起こるトラブルのときに
医師の診断書があれば利用できる制度です。

たとえば、つわりや切迫流早産などで、
長期間にわたり会社を休まなければ
いけないとき
などに利用することができます。

 

失業給付金

出産に伴って退職した場合、
雇用保険から失業給付金を受けることができます。

この場合、就業期間によっても違いますが、
給料の約6割相当を受け取ることができます。

 

所得税の還付金

年度途中で退職した方には、
確定申告によって支払った所得税の還付金
を受けることができます。

 

まとめ

出産は多くのお金がかかりますが、
その分公的機関からの多くの
給付を受けることができます

経済的な負担をできるだけ減らし、
生まれてくる赤ちゃんのためにも、
しっかりと出産に向けた心の
準備を整えていきたいですね。
今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ