口内炎に塩を塗るのがいいって本当?なぜ効果があるのか?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

口内炎は、一度できてしまうとなかなか
治りにくく、しかも食事や歯磨きなど、
日常生活にも影響を及ぼしますね。

そんな時って、一刻も早く
この痛さから解放されたいですよね?

そこで、今回は口内炎を早く対処する
方法をご紹介します。

口内炎には塩が良い!?

民間療法などで、
「口内炎には塩をぬり込むのが良い」
というのを耳にしたことがある方も
いると思いますが、

初めて聞いた人にとっては
絶対痛い!と思ってしまう方も
かなりいると思います。

実際、ただでさえ痛い口内炎に
塩をぬり込むなんて、
想像しただけで痛いですもんね。

でも、

口内炎に塩が良いというのは、
昔から伝わってきた
先人の知恵のようなもの。

しかし、その裏にはきちんとした
理由があるようなんです。

 

口内炎に対する塩の効果

塩は、昔は歯磨き粉の
代わりとして使われていました。

現在でも塩の粒が入った
歯磨き粉なども市販されていますよね。

塩にはもともと殺菌作用があり、
そのため昔から重宝されてきたのです。

口内炎は、口の中がウィルスや粘膜の
損傷などによってできた傷なので、

早く治すためには口の中の細菌を
できるだけ減らすことが重要なのです。

ですから、殺菌効果のある塩は
口内炎にも効果があるんのです。

ただ、

やみくもに塩をぬればいい
というものではなく、

塩の持つ殺菌作用をしっかりと引き出して
あげることではじめて効果が得られるので、
使用方法に注意することが必要です。

Sponsored Link
 

 

口内炎の際の塩の使用方法

塩は口内炎に塗り込むのではなく、
うがいをするための塩水として使用します。

コップ1杯(約200ml)のぬるま湯に、
小さじ1杯の塩を入れ、良く溶かします。

その塩水でうがいをすることで、
口内炎の炎症を緩和することができます。

ただし、

効果には個人差がありますので、
必ずしも誰にでも効果があるとはいえませんが...。

関連:口内炎は塩うがいとケナログで早く治す!痛い原因に効くのは何?

 

まとめ

口内炎はできたらすぐに治ってほしいもの。

ただ、口の中には細菌がたくさんおり、
その影響もあってなかなか治りにくいと思います。

ほとんどの人は自然治癒で
治していくかと思いますが、

口内炎が痛すぎるときに
手近なもので対処できるのが、
今回ご紹介した塩水でのうがいです。

塩には殺菌効果がありますが、
口の中や炎症部分の殺菌をして、
傷みや症状を和らげることしかできません。

つまり、

口内炎の緩和には効果があると
思いますが、口内炎を治癒することは
できませんし、効果も個人差が
あるということを理解しておかなければなりません。

口内炎の治癒を目的とするならば、
やはり市販されている医薬品や
医師の診察を受けた方がいいでしょう。

口内炎に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ