口内炎の舌炎の治し方と原因から対策!薬は何がおすすめ?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

食欲の秋ですが、口内炎ができてしまい、
せっかくのおいしい食事もおいしいと
感じられないのはさみしいですよね。

頬の内側や歯ぐきに
できてしまうのも困りますが、
1番で来てほしくない
ところは舌ではないでしょうか?

舌は味覚を感じる部分であり、
食事はもちろん、言葉を話したり
するときになくてはならない部分です。

そこで、ここでは舌にできた
口内炎についてまとめてみましょう。

舌にできる口内炎 その特徴は?

舌にできた口内炎は、舌のどの部分にできようと
日常生活に支障をきたすほどの痛みを伴います。

舌先にできてしまえば、
話すとき食事のときなどに痛みを伴い、

のどの方にできたとしても、
ものを飲み込む際に痛みを伴います。

側面にできてしまえば、常にはと接触し、
痛みがあるという状態になります。

このように、舌にできた口内炎は
常に痛みを伴ってしまうので、
できるだけ早く治したいものです。

 

原因は何?

口内炎とは、口の中やその粘膜などにできる
炎症の総称であり、炎症の出来る部位によって、
歯ぐきにできる炎症であれば歯肉炎、
舌にできる炎症であれば舌炎などと呼ばれています。

口内炎の原因としては、
主に次のものがあげられます。

  • アフタ性口内炎
  • カタル性口内炎
  • ウィルス性口内炎 (ヘルペス性口内炎、カンジタ性口内炎など)
  • アレルギー性口内炎
  • ニコチン性口内炎

舌に関しては、上にあげたもののうち、
そのほとんどが原因で口内炎ができる部位になります。

一般的な口内炎は、
アフタ性口内炎であることがほとんどです。

主な原因としては、
舌をかんでしまって損傷してしまったり、
疲労やストレス、ビタミンなどの栄養素の不足
などによって引き起こされます。

関連:口内炎は栄養不足が原因?食事で予防するためのおすすめポイント

 

ウィルス性口内炎のうち、
カンジタ性口内炎は、その症状に特徴があります。

カンジタ性口内炎は、
舌に白っぽいコケ状の炎症ができたり、
それを放っておくとコケが下に張り付いて
取れなくなり、舌自体も赤く腫れ上がってしまいます。

Sponsored Link
 

舌炎の対処法

口内炎の治療には、軟膏が
使われる場合が多いと思いますが、

舌は味覚を感じる部分のため、
軟膏を塗ってもすぐに落ちてしまったり、
軟膏の味を感じてしまって
不快な思いをされることが多いようです。

軟膏以外にも、ビタミンを補うサプリメント
口の中を殺菌してくれるうがい薬などを活用し、
痛みを緩和したりする方が、
手軽で実践しやすいかもしれませんね。

関連:口内炎は塩うがいとケナログで早く治す!痛い原因に効くのは何?

 

まとめ

口内炎は、できてしまうとなかなか
治りにくいものですが、その対処方法を
知っていれば症状を緩和したりすることができます。

小さなことと思わず、
食事を十分に満喫できるよう、
早く治したいものですね。

はちみつも口内炎にはいいみたいです。

関連:口内炎にはちみつがいい?塗り方も簡単で悪化を防ぐ!

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ