鼻うがいは風邪予防の効果がスゴい!簡単やり方と注意を動画で説明

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

鼻うがいってご存知ですか?

鼻の中をきれいに洗浄する健康法として
色々な効果を得られるのですよ。

とくに風邪の予防効果については
かなり期待できるようです。

鼻うがいのやり方や、風邪の予防効果について
解説してみます。

鼻うがいの風邪予防効果

鼻うがいは、鼻の粘膜についた
花粉ほこりウィルスなどを
洗浄することができるので、
現代人の悩みの多くを予防できる方法です。

風邪は飛沫感染もありますし、
空気中に浮遊するウィルスが
鼻や喉の粘膜につくことで感染します

鼻うがいは、粘膜の洗浄をするので
予防の効果が高いのですよ。

具体的な効果をあげてみます。

・風邪予防

・慢性鼻炎の改善

・蓄膿症、副鼻腔炎の予防

・花粉症の鼻水、鼻づまりの緩和

・インフルエンザの予防

鼻うがいにはこのような不快な症状の
予防に効果があるのです。

鼻うがいを行うようになってから
風邪にかかることが格段に少なくなった
効果を実感している人も多数います。

 

鼻うがいのやり方

鼻うがいの正しいやり方には
2つの方法があります。

一つは鼻うがいに使用するための
専用の洗浄器を使って行う方法です。

これは様々なメーカーから発売されていて、
初心者でも比較的簡単に鼻うがいを
することができる便利グッズです。

 

そしてもう一つは、洗面器などに
生理食塩水を作り、自分で水を鼻から
吸い込んで行う方法です。

この方法は慣れていないと
なかなか鼻の奥までキレイにするのが
難しいのですが、慣れることができると
お風呂などで気軽に行えます。

 

鼻うがいに使用する食塩水

鼻うがいをする時に、水道水
ミネラルウォーターを使うのは
ツーンと痛みがあるのでやめましょう。

鼻の奥はデリケートな粘膜なので
冷たい水でも痛みがあります。

使用するのは体温に近いくらいの
ぬるま湯100mlに1gの塩を溶かした濃度の
食塩水を使います。

これは人体の体液に近い濃度の食塩水なので
粘膜にも沁みにくく、鼻うがいの初心者でも
安心して行うことができます。

 

鼻うがいの手順

鼻うがいをする準備が整ったら
早速トライしてみましょう。

専用の器具を使わずに、
洗面器でやってみる場合の手順を
ご説明します。

・片方の鼻を押さえて鼻を水に着けます。

・反対側の鼻で水を強く吸い込みます。

・息を止めて上を向きます。

・口から流れる水を吐き出します。

・これを5回ほど繰り返します。

・反対側も同じように。

器具を使わないと難しそうに感じますが、
何度かやっているとできるようになります。

どうしても難しい場合は
専用の洗浄機を使ってみましょう

【鼻うがいのやり方】


注射器の針のない部分でも
鼻洗浄器の代わりに使うことも可能です。

yjimage

 

まとめ

鼻うがいはやったことがない人には
ちょっと怖いことのような気がするので
効果は小耳に挟んだことがあっても
実際にやってみる勇気がない人も
少なくないようです。

ただ、初心者でも簡単にできるので
思い切ってチャレンジしてみても
良いのではないでしょうか。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ