忘年会の意味や由来って?今と昔のスタイルのルーツや起源

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

これからの時期は年末に向けて、
忘年会や新年会など飲み会に
誘われることも多くなりますね。

ところで、

あなたは忘年会って
どうしてするのか知っていますか?

なんで忘年会をするのか?

というかいつから忘年会という
しきたりができたのか?

忘年会の意味や由来って
深く考えたことがないかと思います。

そこで今回は、日本の文化とも言ってもいい
「忘年会」の意味や起源について
お伝えしていきますね。

忘年会の意味とは?

忘年会は、読んで字のごとく、

「今年もいろんなことがあったけど、終わりよければすべてよしってことで、終わったことはすべて水に流して、みんなで気持ち良く新しい年を迎えましょうよ!」

という意味と言われています。

ただ、

今の忘年会は仕事の付き合い
親しい友人たちと楽しい時間を
過ごすための口実のようなカタチで
行われることが多いかと思います。

そのような口実があるので、
忘年会を行きたくないという方も
多くなってきている傾向です。

参考:忘年会の断り方!職場やアルバイトにメールでどう伝えるのがいい?

 

忘年会はいつからするようになったの?

忘年会が始まったとされる
時期は明確にはわからないようです。

一説によると、

現代のように会社や家庭などの社会全体
が一つの固定観念にしばられていて、
年が変わろうとも大きな変化や動きが
期待できなかった時代にうまれたもの
だといわれています。

Sponsored Link
 

その年に起こったさまざまなことを忘れて、
新しく迎える年をまっさらな状態で
迎えることしかできなかったためではないでしょうか。

つまり、

自分たちの意志や気持ちを変えることでしか
社会に変化をもたらすことができなかった時代に、
そのはけ口のようなものとして、
忘年会は始まったようです。

 

今の忘年会のスタイルは?

忘年会ができた時代と
今の時代はかなり違いがあります。

現代では、社会全体が流動的で、
グローバルに開けているのがわかると思います。

さまざまな選択肢がある中から、
自分の意志で決めることができる現代の社会では、
忘年会のあり方も変わってきていると思います。

参考:忘年会の余興ダンスの鉄板ネタ!大人数でも簡単おすすめランキング

bounen

昔のように往く年来る年を思って
憂いたりすることはあるけれど、
それもみんなで共有し、また来年も気持ちを
新たに頑張っていこう、という決意
ようなものがあるのではないでしょうか。

 

まとめ

忘年会は、今も昔も

「今年1年頑張った!ツラいことも悲しいことも楽しいこともたくさんあったけど、それを乗り越えて、また新しい気持ちで来年も頑張っていこう!」

という思いが感じられるように思います。

忘年会は少しさみしい気持ちになりますが、
そういった気持も仲間と共有し、
新しい年を迎えるための気持ちの
準備をするにはうってつけの行事ではないでしょうか。

会社の付き合いなどもあるかとは思いますが、
要は自分の気持ち次第で楽しくもあり、
ツラくもあるので、できるだけその場を
楽しめるように気持ちの切り替えも
上手にできるといいですね。

楽しめる忘年会のゲームについては、
こちらをご参照ください。

参考:忘年会ゲームと景品ランキング!会社の大人数でも盛り上がる企画

 

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ