二人目の妊活っていつから始める?不妊治療も考えたほうがいいの?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

一人目の赤ちゃんが授からなかった時は
二人目のことを考える余裕がなくても、
無事に出産を終えれば妊活の苦労も報われ、
そろそろ二人目が欲しいかもなんて
考えることもあるのではないでしょうか。

一人っ子ではなく、兄弟がいる方が
きっと子供も楽しいと思うことも
あるのでしょうね。

では、二人目の妊活をはじめるのは
いつからが良いのか、二人目妊活の
気になる疑問を解いていきましょう。

二人目の妊活の必要性について

妊活というのは、具体的に医療機関で
不妊治療を行うことも、
食生活や民間療法も含めて言います。

食べ物や生活習慣など、
不妊治療以外の方法で妊活した結果、
無事に妊娠、出産できた場合は、
二人目の妊活をしなくても
自然に妊娠できる可能性があります。

というのも、不妊に悩む女性の多くが
女性ホルモンのバランスが安定せず、
妊娠しにくい状態にあっただけで、
妊娠の可能性がほとんどゼロという人は
かなり少ないのです。

一人目の時に行った妊活を思い出して
それを続けていれば自然に二人目を
授かる可能性はあるのです。

一人目を授かる時に、不妊治療をして
やっと授かったという場合は、
二人目の妊活も早めに考えておきましょう

 

二人目の妊活はいつから始める?

二人目の妊娠を考えるようになってから
妊活をスタートするのでは遅いのでは?と
考えている方は、一人目の赤ちゃんを
授かる前にかなり時間がかかったのでは
ないでしょうか。

具体的に二人目の妊活を
いつから始めるか

その目安になるのは母乳を止めて、
月経が再開されてからです。

月経が再開すれば排卵が起こる可能性が
高くなるので妊娠は可能です。

ただし、不妊治療が必要な場合は、
月経再開後3回ほど来てからが目安です。

母乳を与えている間でも
生理が始まることもありますが、
母乳を飲ませている間の妊活は
流産のリスクがあるのでおすすめしません。

母乳を完全に止めて、
毎月の月経周期が整うようになったら
妊活をスタートしても良いでしょう。

基礎体温をつけて、排卵が起きているか
確認することから始めてください。

参考:妊活で基礎体温の測り方!排卵日のタイミングでストレスはNG?

 

Sponsored Link
 

二人目の妊活に焦りは禁物

一人目はとくに妊活をしなくても
自然に妊娠できたのに、
なぜか二人目がなかなか妊娠しない

そんなこともあります。
二人目不妊と言います。

妊娠可能なカップルでも
自然妊娠する確率は高くありません。

とくに女性の場合、35歳以降は
妊娠の確率がグンと低くなるので、
二人目を授からないことで
焦ってしまうこともあると思います。

年齢が離れてしまわないように、
早く二人目が欲しいと焦りばかりが
先に立つようなことは良くありません。

248995

焦りはストレスになり、
両親のストレスに子供は敏感です。

二人目の妊活をはじめて
一年以上妊娠しない場合は、
治療が必要なのか医師に相談してみましょう。

 

二人目の妊活まとめ

年子で年齢が離れていない兄妹でも、
年齢が離れている姉弟でも、
どんなケースが理想なのかはわかりません。

年子の場合は育児が大変そうですが、
手が離れるのも早いなどメリットもあり、
ベストな年齢差などないのです。

二人目の妊活をいつから始めるのか、
それは育児スタイルで違いますから
出産するママの身体が一番の基準です。

出産した後の母体が回復していることを
何より重視することを大切にして
二人目妊活を考えていきましょう。

もしお酒を飲まれているのなら、
禁酒を始める時期については、
こちらをご参照ください。

参考:妊活っていつから禁酒すべき?女性・男性がお酒をやめるタイミング

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ