腹巻は妊婦にいつから効果的?妊娠中の腹帯との違い!戌の日がいい

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

妊婦さんはお腹や腰を冷やすのは
良くないことだと昔から伝わっています。

妊婦さんに限らず、女性はお腹を冷やすと
色々な影響があるので温めた方が良いとか。

それで妊婦さんは腹巻を巻いているのか。
そう思っていませんか?

妊婦さんがお腹に巻くのは腹巻ではなく
腹帯というもの。

どんな違いがあるのか、
効果や目的も違うのでしょうか。

腹巻と腹帯の違いとは

妊婦さんは妊娠五ヶ月くらいになると
腹帯というものを巻く儀式があります。

戌の日に行うのが昔からの習わしです。

これは犬は多産で、お産が早いので
それにあやかる意味があるようです。

神社やお寺で安産祈願のご祈祷を受けた
サラシを巻くのが昔から伝わっている
安産への願いです。

一般的な腹巻は、伸縮性のある素材で
お腹周りを保温することが目的ですが、
腹帯の場合はお腹を温めることと同時に、
どんどん大きくなるお腹を保護して、
安定させるために使います。

そのため、素材は伸縮性のない
サラシを使うことが一般的です。
ninshin_goods
腹帯で安定させておくと、
妊娠線の予防もできるので、
腹帯の効果が近年では見直されています。

Sponsored Link
 

腹巻タイプの腹帯との違い

現在では、妊婦さんが使用する腹帯にも
腹巻タイプガードルタイプなど
簡単に装着できるものが増えています。

サラシの腹帯を一人で巻くのは
ちょっと大変だと感じる人には便利なんです。

どのタイプを選んでも
妊婦さんのお腹を温めて
お腹を守る機能は同じです。

ただ、出産後にも使えるのが
サラシタイプの腹帯です。

出産後にはできるだけ早く
骨盤の開きを戻すことがスタイルを
戻すことのカギとなります。
thumbnail_waist_woman
サラシの腹帯なら、
伸縮性がないので適度に締めて
骨盤をもとの位置に戻すために使えるんです。

腹巻きの効果については、
以前の記事でお伝えしました。

参考:腹巻き効果が女性に流行?代謝アップ健康法で生理痛も改善まとめ

 

 

腹巻は妊活にもおすすめ

妊婦さんが使う腹帯とは違いますが、
一般に市販されている腹巻でも
妊娠中にお腹を温めるために使えるように
伸縮性が高いものがあります。

長く使える伸縮性のある腹巻は
妊婦さんだけでなく、妊活中の女性にも
利用している方が増えています。

妊娠を望む女性は、子宮や卵巣の機能が
低下しないように冷えを予防することが
大切だと言われます。

身体を温めることが
妊娠しやすい身体作りの
ポイントになるのです。

腹巻は妊活中から妊娠中の妊婦さんまで
長い期間女性をサポートするアイテムなんですね。

妊婦さんの腹帯も、妊活中の女性の腹巻も、
大きな目的としては「温める」ことが
基本となっていることがわかります。

 

まとめ

妊婦さんが安産を願って巻く腹帯には
元気な赤ちゃんを無事に出産したいという
願いが込められているものです。

腹巻にも共通することがあるので、
女性の冬の必需品として
もっと多くの女性が腹巻を利用する日が
これからやってくるのかも知れませんね。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ