バナナダイエットで効果的なのは夜か朝いつがいい?正しい食事方法

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

2009年頃に大流行した
朝バナナダイエット

スーパーの果物売り場からバナナが消えて
いつもバナナを食べていた人にとっては
大迷惑な一大ブームになりました。

あれから月日は流れて、
すっかりブームも静かになったのは
バナナのダイエットでは効果が得られないと
思ったからなのでしょうか。

しかし、

今また密かにバナナによる
ダイエット効果が注目されつつあります。

今度は密かなブームかも知れませんが、
もう一度トライしてみてもイイかも?

興味のある方は是非参考にしてください。

バナナのダイエット効果とは

バナナはエネルギーを補給する場面でも
よく食べられる果物です。

果物の中ではカロリーは低いわけではなく、
中くらいの大きさのバナナなら
80kcal~100kcal程度です。

なぜバナナによるダイエット効果が
注目されるのか、そのポイントは
大きく分けると三つあります。

一つは糖質がブドウ糖、果糖、ショ糖、
でんぷん質と種類が多いことです。

吸収される時間が長い種類の糖質も
含んでいるので血糖値が急上昇するのを
抑えることや、時間をかけて糖質を
吸収するので空腹を感じにくくなります

097756

そして食物繊維が豊富なこと、
さらに食物酵素を摂ることもできるので、
消化と代謝を助ける効果があるのですよ。

バナナのダイエット効果は
このような理想的なバランスがあるからです。

 

朝バナナor夜バナナ?

数年前のバナナダイエットブームでは
朝食常温の水とバナナを食べるのが
ダイエットの方法でした。

常温の水でバナナを食べるだけですから
誰でも簡単にできる方法でした

しかし、

朝バナナダイエットだけでは
大きな効果を実感できなかった

のでは?

やはりカロリーを抑えることや、
運動して消費カロリーを増やすことも
同時に行わないとダイエットの効果は
得られないということなのでしょうか?

しかし、

また密かなブームになっている
バナナダイエットでは、夜の食事を
バナナに変える置き換えダイエット
成功している人が増えているんです。

参考:バナナダイエットは夜が効果的?カロリーを抑えるやり方と原理

夜の食事の代わりにバナナを2本食べても、
カロリーは200kcalくらいです。

ご飯をお茶碗1杯食べるよりも
少ないカロリーで抑えられますから。

栄養バランスに優れていて、
消化の早いバナナなので
夕食の置き換えダイエットには
最適な果物なのではないでしょうか。

以前の記事で
バナナと豆乳の効果についても
ご紹介させていただきました。

参考:ダイエットにバナナと豆乳の効果は最強?簡単スムージーのやり方も

Sponsored Link
 

むくみの予防にもバナナ効果

バナナは女性に多いむくみの悩み
予防するのにも向いている果物です。

ダイエットをしていても
むくみが解消されないと
スリムになった実感は得られません。

むくみで体重が減らないこともあるので、
余計な水分を身体にため込むのは困ります。

117821

バナナにはカリウムが豊富に含まれるので、
利尿作用があります。

むくみやすい方にはおすすめです。

食物繊維も豊富なバナナは
便秘の解消にも役立つので、
女性には嬉しいこと盛り沢山です。

 

【簡単リンパマッサージで脚痩せ】

 

脚痩せダイエットに興味がある方は、
こちらもご参照ください。

参考:脂肪燃焼!足痩せダイエット方法を公開!原因から改善しよう

 

バナナダイエットのまとめ

ダイエットのブームは
バナナに限らず盛り上がっては消えます。

二度とブームにならないものが多いのに、
バナナをダイエットに取り入れる人が
消えないのは、やはりバナナには
ダイエットに役立つ要素が
沢山詰まっているからでしょう。

もう一度バナナをダイエットに
役立ててみてはいかがでしょうか。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ