紫陽花の種類一覧!人気のオススメあじさいは毒もある?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

紫陽花は梅雨のある日本では
大切な癒しの象徴となっています。

ジメジメしていて、うっとおしいお天気でも
紫陽花の葉にカタツムリを見つけたりすると
日本の四季を感じられたりしますね。

そんな紫陽花は日本から世界中に広がり、
今では品種改良によって数十種類になり、
愛好される植物になっているんですよ。

ただ、ちょっと気になることも。

それは紫陽花には毒があるというウワサです。
どこにでも咲いている植物なのに
毒があったら大変です。

そのウワサの真相も含めて、
紫陽花の種類についてご紹介します。

紫陽花の種類

紫陽花は大きく分けると
二つの種類に分けられます。

もともと紫陽花は日本固有の品種があり、
それが日本からヨーロッパに伝わり、
ヨーロッパで品種改良されて逆に日本に
伝わったものがあります。

日本固有の紫陽花はガクアジサイです。

yjimage

 

西洋で品種改良されて大正の頃に
逆輸入されて入ってきたのが
ハイドランジア(ホンアジサイ)という種類です。

 

yjimage

ガクアジサイは平たい花が特徴的で、
大きめの花の中に小さな花が集まるような
独特の咲き方をします。

ホンアジサイの方は手まりのように
立体的な丸みのある花で、
現在では主流の紫陽花となりました。

品種改良も盛んに行われていて、
日本国内では100種類以上の品種があり、
色彩も豊かになっています。

 

紫陽花の毒についてのウワサ

紫陽花には毒があるというウワサの真相ですが、
これはデマではなく本当のことです。

紫陽花の葉や根の部分に含まれる青酸配糖体
胃の中に入ると私たち人間が持っている

消化酵素と反応してシアンという毒性の強い
成分に生成されてしまうのです。

Sponsored Link
 

中毒症状としては、軽い場合は歩行時に
ふらふらする程度ですが、

嘔吐、けいれん、呼吸麻痺など
深刻な中毒症状を引き起こす危険があります。

過去に、紫陽花の葉を加熱して食べて
中毒症状を起こしたという事例があります。

紫陽花の葉や根を食べるようなことは
まず考えられませんが、そのようなケースが
過去にあったことは間違いありません。

ただ手で触ったりすることで
毒性の強い成分を生成することはないので

切り花として室内に飾ったりしても
全く安全なので安心してください。

紫陽花が咲き乱れる名所に行くと
毒に反応するなんてウワサはデマなので
そのようなことは信じないようにしましょう。

 

まとめ

紫陽花がキレイに咲く季節には
日本各地で紫陽花の名所がにぎわいます。

関連:紫陽花の名所ランキング!日本全国のおすすめスポットは?

新しい種類の紫陽花も増えてきて
梅雨の時期の目を楽しませてくれます。

日本固有の紫陽花が
世界に広がって進化した品種など
花のロマンも感じながら楽しんでみましょう。

あじさいに関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ