りんご病って登園許可証は必要?基準や登園禁止はあるの?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

保育園や幼稚園、小学校に通っている
お子さんは、常に集団生活を
送っているため、さまざまな
病気にかかりやすい状態にあります。

筆者の3人の子どもたちも、
常に咳が出ていたり、鼻水が
ひどかったりしています。

そんな集団生活の中で注意したいのが、
ウィルス性の感染症です。

インフルエンザなどは代表的なものですが、
意外と知られていないりんご病について、
登園や登校の可否についてもまとめてみました。

りんご病の特徴

りんご病は、ヒト・パルボウィルスに
感染することで発症し、7~15日ほどの
潜伏期間を経て発症します。

頬に赤い発疹ができることから
りんご病と呼ばれていますが、

赤い発疹ができる前の段階では、
通常の風邪の症状と見分けがつきません。

症状としては、

  • 微熱程度の発熱
  • 倦怠感

などが挙げられます。

他の感染症に比べて、りんご病は
感染力がそれほど強くはありませんが、

風邪のような症状が見られているときが
最も感染力が強まっている時期なので、
注意は必要です。

しかし、

先述したとおり、風邪の症状との
見分けがつかないため、りんご病だと
気づかない場合がほとんどのようです。

赤い発疹が出てきて、はじめてりんご病だと
診断されることが理由として挙げられます。

医療機関においても、りんご病で
あるかどうかの検査が行われることは
ほとんどなく、風邪のような症状が続いて、

赤い発疹が出てくるとりんご病だと
診断されるケースが大部分を占めています。

関連:りんご病の症状!かゆみや発疹で発熱や感染の危険性は?

 

登園・登校は大丈夫?

りんご病は感染症として
認知されていますが、

りんご病だとわかったときには、
すでに感染力がほとんどないため、
保育園や幼稚園に登園することは
禁止されていません。

Sponsored Link
 

ただ、

施設や学校によっては、完治したという
医師からの診断書や届出用紙などに
記入をする場合もあるようですので、

もし、りんご病にかかってしまった
場合には、通っている保育園や
小学校に問い合わせてみるといいでしょう。

また、

もし、お子さんが通っている施設内で
りんご病が流行っていると
連絡があった場合には、

手洗いうがいはもちろんですが、
マスクなどを着用することも、
りんご病の予防につながりますので
実施するようにしましょう。

【子育てワンポイント】

 

まとめ

りんご病は感染力がそれほど
強くないということを、
筆者は知りませんでした。

りんご病という名前は
聞いたことがあったり、
知っていたりしても、

どんな症状なのか、保育園や幼稚園には
登園できるのかなど、細かいところに
関してはほとんど知らないことばかりでした。

筆者のような方も多いと思いますので、
大切なお子さんを守るためにも、
知識として知っておくことは
大事なことだと感じました。

保育園に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ