眠くなる話し方を何とかしたい!人を惹きつける話し声とは?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

不眠症で眠れないとお悩みの人には、
眠くなる話し方をする人とは、
ぜひともお友達になりたいところです。

しかし、しっかりと話の内容を理解して
聞いてほしい時と思っているのに、
なぜか聞いている人たちは眠そうになってしまう。

仕事でプレゼンなどを担当する時には
ちょっと困りますよね。

そこで、眠くなる話し方を直すコツを
探ってみようと思います。

少しのコツで耳を傾けてくれるなら
ぜひ挑戦してみましょう。

一方通行にしない

聞いている人が眠くなる話し方
ただ、聞いているだけの時間が続くからです。

例えば、学校の先生の授業を思い出してみると、
授業中に耐えられないほどの睡魔が
襲ってくる
ことがありませんでしたか?

inemuri

そんな時、先生は教科書と黒板だけに向かって
教えたいことを一方的に発信していていて、
生徒たちはそこに参加していない
時が多かったのでは?

もちろん、夜更かししたり、
部活の朝練で疲れてしまったりすると、
どんなに面白い内容でも眠くなることは
避けられないこともあります。

眠くなる話し方を何とかしたいなら、
最後まで眠気に襲われずに聞くことができた
先生の授業を思い出してみましょう。

school_class

適度なタイミングで生徒に質問をして、
考える機会を与えることで、
眠くなる暇がなくなります。

それをヒントにして、
聞いている人に疑問を投げかけ
それを解明する機会を与えることで、
眠気を吹き飛ばすことができます。

 

会話のリズムをつける

どんなに面白い話の内容でも、
単調なリズムで話しをしていると
眠くなることがあります。

ということは、眠くなる話し方を
改善したい場合は、
リズムを大切にすることです。

メリハリのある話を聞いていると
退屈で眠くなることもありません。

しかし、

みんなが落語家やお笑い芸人のように
話術のプロではありません。

rakugoka

なので、誰でも簡単にできる
会話のリズムのつけ方です。

それは会話の中の登場人物を
ハッキリさせることです。

日常会話の中では、
家族や友人、同僚などのことをネタに
話をすることが多いです。

そこには色んな登場人物がいます。

声色を変えて話すことはできなくても、
登場人物によって強弱をつけるくらいは
簡単にできます。

女性と男性で強弱をつけたり、
少しの工夫をしてみると
聞いている方も全く違う印象になります。

同じトーン、同じペースで
静かにゆっくり話していると
心地よくなって眠くなってしまいます

リズムを意識してみましょう。

 

まとめ

眠くなる話し方を何とかしたい方は
聞き手の立場になってみる
よくわかると思います。

聞き上手な人は話し上手になることも
できるというわけです。

お話の上手な人をじっくり観察すると
よくわかると思います。

参考にしていただけたら嬉しいです。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ