出産後の退院で体調を崩しやすい?産後生活のアドバイス!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

長い妊娠期間を経て、やっと赤ちゃんと
対面したママさんも多いことでしょう。

しかし、

赤ちゃんは生まれた瞬間から、むしろ、
ママのおなかに宿ったときから
どんどん成長が始まっていきます。

それと同時に、ママやパパにとっても
子育てがスタートするのです。

出産後の入院生活では、
赤ちゃんのお世話の仕方や過ごし方などを
助産師さんや医師、看護師さんから学び、
退院後の生活に慣れる準備をしていきます。

その中でも、必ず知っておいてほしい
退院後のママや赤ちゃんの体調や
過ごし方についてまとめてみました。

出産後の赤ちゃんやママの体調

病院から退院したとしても、
ママや赤ちゃんの体調は完全に
回復しているわけでは決してありません。

赤ちゃんは、ママのおなかの中から
初めて外の世界に触れ、
不安でいっぱいの状態です。

ミルクをうまく飲めない赤ちゃんもいますし、
身体が小さい赤ちゃんやすぐ
泣いてしまう赤ちゃんなど、
それぞれの個性を持って生まれてきます。

すぐ泣くからといってママやパパを
困らせたいわけではなく、

ただただ不安でいっぱいで、
ママのおなかの中にいた頃を懐かしがり、
寂しくなって泣いてしまうのです。

それ以外にも、

  • おなかがすいた
  • オムツが汚れた
  • 眠い

などの意思を
伝えるために赤ちゃんは泣いてしまうので、

産後神経的に敏感になりがちになりますが、
あまり深く悩まず、赤ちゃんに
話しかけながらお世話をしてあげるようにしましょう。

また、赤ちゃんだけでなく、
ママの体調も回復はしていません。

昔から産後1ヶ月程度は自宅で安静に過ごし、
ママはママの体調と赤ちゃんのお世話だけに
集中してあげられるような環境を整え、
周りがそれをサポートしてきました。

最近では、里帰り出産をするママも
少なくなってきているようですし、

パパと2人で協力して子育てを
している夫婦が多くなってきたようです。

筆者の場合も里帰り出産や親に
頼ったりなどはせず、自宅で
夫婦2人で子育てや家事をこなしました。

初めてのお子さんの場合、
子育ても初めてなので慣れない事も
たくさんあると思いますが、

夫婦で協力し合い、子育てに
取り組んでいくことが大切だと思います。

Sponsored Link

出産後の退院日

最近は、出産後の入院日数が
昔に比べて短くなっているようです。

産院や病院によっても多少の違いは
あるようですが、初産婦さんの場合、

出産日を0日目として5日目に退院、
経産婦さんだと4日目に
退院するケースが多いようです。

退院日もしくはその前日に、
赤ちゃんとママは先生の診察を受け、
問題がないようであれば退院となります。

退院時には、母子手帳出生届などを
病院から返却されたり、出産入院費用を
清算したりなどをすると思います。

筆者の場合、退院したその足で役所に行き、
出生届や児童手当の手続きなどを
したりしましたので、産後の役所関係や
健康保険の手続きなど、忘れないようにしましょう。

また、

赤ちゃんが生まれてすぐは、
生活のスタイルなども変わり
バタバタすることが多いと思いますので、

出産前に産後の手続きのリストなどを
作成しておくといいかもしれませんね。

関連:出産準備で入院の荷物は何が必要?お産までの流れを公開

 

まとめ

出産は、女性にとって人生の中でも
大きな出来事であると同時に、

生まれてきた赤ちゃんはママとパパの
2人のお子さんであることを十分に理解して、

産後のママを気遣ったり、
積極的に育児参加ができるよう、
パパも意識していかなければならないと思います。

夫婦2人で協力して家事や育児をすることで、
家族の絆を強くすることができますし、
よりお互いのことを理解し合えると思いますので、

ママとパパの2人で子育てや
産後の生活について、お子さんが
生まれる前に話し合っておくと
いいのではないでしょうか。

出産に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ