水素が医療現場でも注目!治療効果もすごい!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

医療現場で水素が注目されているのですが、
その医療分野はとても幅広いのですよ。

美容医療から最新医療まで、
水素が治療に役立つことが期待されて
研究が進んでいます。

具体的に水素にはどのような疾患に
効果が期待されているのか興味深いですね。

水素と医療の関係について
ご紹介します。

水素が応用される医療分野

身体のサビとなる
悪玉活性酸素ヒドロキシラジカル
引き起こすきっかけになる主な疾患を
チェックしてみました。

・循環器
心筋梗塞、動脈硬化、狭心症など

・脳神経系
脳梗塞、てんかん、脳出血、パーキンソン病、自律神経障害

・血液系
白血病、肺血症、高脂血症

・内分泌系
糖尿病、副腎代謝障害

・皮膚系
アトピー性皮膚炎、日光皮膚炎、皮膚腫瘍

・眼科系
白内障、角膜腫瘍、網膜炎症

・腫症系
がん、放射線障害

・指示組織系
関節リュウマチ、自己免疫疾患、膠原病、甲状腺疾患

活性酸素が引き起こす原因として
考えられる病気には、
こんなに色々な分野の病気が
あると言われれいるのです。
iryou_doctor_nurse

驚きますが、活性酸素はそれほど体内に
ダメージを与えるものだと思うと、
本当に怖くなります。

 

水素水の治療への活用

水素水の研究がすすめられ、
具体的に医療の場ではどのように
活用されているのでしょうか。

まずは注目されているのが
パーキンソン病など脳に関する疾患
予防と治療への効果です。
body_nou_bad

パーキンソン病は脳の神経細胞に症状が起こり、
手足が震えたり、身体の動きが低下してしまう
脳神経の病気です。

脳神経細胞にダメージを与える活性酸素を
水素水が抑えることが発見されています。

関連:水素で活性酸素を除去!悪玉と善玉の効果はどうなの?

Sponsored Link
 

水素水のアレルギー治療

水素水は脳疾患やがんなど
治療が難しい病気の予防や治療に効果が期待され、
現在では多くの大学病院でも取り入れられています。

そして、

多くの人たちが悩んでいる
アレルギーの治療にも
水素が活用されているんですよ。

花粉症やアトピー性皮膚炎など
多くのアレルギーはIgeというものが
肥満細胞と結合して、ヒスタミン
放出することで起こる炎症です。
kafun_kusyami

毛細血管を拡張して粘膜に炎症を起こして
かゆみや浮腫など、ツラい症状が起こるのです。

水素は、免疫や炎症を起こす原因
塞ぐことで症状を抑える治療ではなく、
炎症を起こす過剰な反応を抑える効果があります。

ステロイドや抗ヒスタミン剤など
免疫や炎症を起こすメカニズムを
遮断する効果ではないので、
副作用などのリスクが少ないのです。

関連:水素水の副作用効果はない?マグネシウムにだけ注意しよう!

 

まとめ

水素を長く治療に取り入れている医療機関では、
様々な治療を行っても効果が得られずに
諦めかけていた症状の改善も報告されています。

今後は水素が医療現場で
もっと用いられることに
なるのではないでしょうか?

家庭でも水素水や水素風呂
手軽に利用できるのは嬉しいことですね。

水素に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ