保育園で産休中は退園すべき?期間はどのくらい大丈夫?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

上のお子さんも保育園に馴染み始め、
そろそろ2人目も考えていこうかなと
思っているママやパパは
たくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、

現代の保育事情はそこまで優しくはない
というのは事実です。

もし、2人目を妊娠したとして、
上のお子さんを保育園に預けていられる
期間は限られているというのが現状です。

さらに、

産休取得後に関しては上のお子さんを
保育園から退園させなければ
ならないかもしれません。

そこで、今回は第二子妊娠時、
産休取得後の上のお子さんの保育園登園
についてまとめていきたいと思います。

保育園の存在意義

保育園とは、正式には保育所という名称で、
お子さんを持つ保護者が何らかの理由で
お子さんを保育することが難しい場合、
保護者に代わってお子さんを保育する施設のことです。

保育園にお子さんを預ける場合には、
お子さんを保育できない理由の証明
行わなければ入園することはできません。

この理由には、就労や疾病、介護なども
含まれており、出産というのも
立派な理由になります。

しかし、

待機児童の問題を抱えている
地方の自治体の場合、出産という理由では
保育園にお子さんを預けることが
できない場合もあるようです。

 

産休中に保育園に預けるには

第二子の妊娠中、産休を取得した場合、
上のお子さんを保育園に預けるには、
お住まいの地域の自治体に
届け出る必要があります

母子健康手帳などのコピーを
提出しなければなりませんが、

産後8週までの期間は、
上のお子さんを保育園に
預けることができます、

しかし、

産後8週以降に関しては、
就労や疾病などの理由の証明が
できなければ退園せざるを得ません。

ただ、

産後8週以降20週(生後5ヶ月)までに
社会復帰の予定であれば、

求職という理由で、
保育園への登園をすることができます。

第二子を早い段階で保育園に
預けてしまうことにはなりますが、

保育園での生活に早い段階から慣れ、
自立なども早いと思いますので、
預けても損はないと筆者は感じています。

Sponsored Link
 

現に、筆者の子どもたちも
生後2ヶ月や3ヶ月頃には
保育園に預け始めましたし、

食事のマナートイレトレーニングなども、
保育園で他のお友達と一緒に
行っているためか、
早い段階で覚えてきています。

お子さんを早くから保育園に預けると
親の愛情が足りないのではないかと
思われがちですが、

お子さんを保育園に預けている間に、
お仕事や家事などをすることができますし、

それによってママの子育てに関する
ストレスなども軽減される場合もあるため、
プラスに働くことも多いと思います。

関連:保育園で妊娠中の場合、上の子はどうなる?継続できるの?

【待機児童の問題】

 

まとめ

第二子妊娠は、嬉しい反面、
上のお子さんについての心配事も多いので、
ママはストレスなども
溜まりがちになってしまいます。

保育園の登園なども、妊娠中のママには
心配なことだとは思いますが、

お住まいの自治体や上のお子さんが
通っている保育園などに
相談してみるといいでしょう。

妊娠中の心配事や
保育園のことなどについても、

良い解決策を見出してくれたりしますので、
ぜひ問い合わせてみてください。

お子さんのためにも、妊娠中は
少しでも心配事をなくし、

お子さんたちとの時間を大切にしたり、
ストレスなどを溜め込まないように注意したいですね。

保育園に関する記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ