口内炎は栄養不足が原因?食事で予防するためのおすすめポイント

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは。
役立つ知識まとめサイト!の管理人です。

口内炎になってしまった際、
何か食べ物に気をつける事などありますか?

今回は、
口内炎になってしまった際の
いい栄養の取り方などについて
お伝えしていきます!

口内炎の原因

まず、口内炎の原因から、、
気がついたら
口の中にできている口内炎

大体1~2週間くらい
放っておくと治るものですが、
食事中や歯磨き中に起こる
あの痛みはなかなか辛いものですよね。

口内炎とは、
口の中の粘膜に起こる炎症症状で、
さわると痛かったり、

酸味や塩辛い食べ物がしみたり、
痛さのあまり食欲がなくなって
しまうこともあります。

口内炎の原因は、主に

  • 体調不良
  • 不規則な食事によるビタミン不足
  • ストレス
  • 細菌感染
  • 噛みキズ

などと言われています。

口内炎って出来てしまうと本当に嫌ですよね、、、

 

口内炎を改善するには

口内炎を改善するには
栄養バランスのとれた食事が必要です。

その中でも
特に口内炎に効果的な

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ミネラル

を十分に補給しましょう。

ビタミンAビタミンB群には、
粘膜を保護して痛みを軽減させつつ、
細菌感染への抵抗力をあげる働きがあります。

特に、
ビタミンB2・B6・B12が不足すると、
口の粘膜が切れやすくなるので、
こまめに補給しましょう。

料理では

  • 塩辛いもの
  • 酸味のあるもの
  • 味の濃いもの

といった刺激の強いものや熱過ぎるものは、
口内炎の治りが遅くなるので、
できるだけ避けたいところです。

カレーやキムチなど香辛料の強い物は禁物ですね。

やはり口内炎になると
食べ物にも気をつけた方がいいようです!!

Sponsored Link
 

口内炎に効果のある栄養素と食材

口内炎を改善するのに
効果のある栄養素と食材を
ご説明していきます。

 

ビタミンA

ビタミンAは、

  • モロヘイヤ
  • 人参かぼちゃなどの緑黄色野菜
  • 鶏、豚レバー
  • あんこうの肝
  • うなぎ

などの食材に多く含まれています。
口の粘膜のうるおいを保ち、
正常に維持します。

細菌感染に対する
抵抗力を高める働きもあります。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は、

  • 豚肉
  • うなぎ
  • 大豆類
  • 牛乳
  • 乳製品

などに多く含まれています。

口の粘膜を強化し、
口内炎を緩和します。

元気のビタミンとも
呼ばれてれているので、
疲れがたまっているときにも必要不可欠です。

 

ビタミンC

ビタミンCは、

  • 赤ピーマン
  • ゆず
  • アセロラ
  • パセリ
  • 芽キャベツ
  • レモン

などに多く含まれています。

ビタミンCは、
ストレスや細胞への抵抗力を
強くする効果もあります。

 

【ビタミンたっぷりレシピ】


食事以外にも、

  • 口の中を清潔にしておく
  • しっかりと休養をとる
  • ストレス緩を和する
  • 睡眠不足を予防する

このようなことも
口内炎を予防するには
大切なこととなります。

重要なのは、
しっかりとした体調管理ですね!

また口内炎が出来てしまったら、
日ごろの生活を見直すよいチャンスです。

日々の食生活のバランスが
崩れていないかを再度見直しつつ、
免疫力が落ちないように
規則正しい生活を
心掛けるのが大切です!!

口内炎に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ