出産促進剤のリスクやデメリットは危険?効果を理解しよう!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

出産のときにトラブルが
起こることは珍しいことではありません。

陣痛が始まる前に破水をしてしまったり、
なかなか陣痛が強くならなかったり、
緊急帝王切開になることも珍しいことではありません。

どんな状況になってしまってもしっかりと
判断できるように、出産のときの知識は
たくさん頭に入れておきたいですね。

そこで、今回は、出産のときに
なかなか陣痛が強くならず、母子ともに
体力の消耗が激しいときなどに使われる、
陣痛促進剤についてみていきたいと思います。

陣痛促進剤とは

出産は、陣痛が着き始め、
痛みが強くなることによって子宮口が開いていき、
赤ちゃんが生まれてくるという流れですが、

なんらかの理由で陣痛が着かなかったり、
あるいは弱い場合、陣痛促進剤を
投与してお産の手助けをします。

促進剤のはたらきとしては、
お産の誘発と陣痛の促進です。

母子の状況によって、早く赤ちゃんを
生れさせてあげなければならないときに使用したり、

陣痛があるものの、弱すぎてお産までにかなりの
時間がかかることが予想される場合などにも使用されます。

 

【出産促進グッズ】

 

促進剤の影響

促進剤を使うことによって、
陣痛の痛みなどは変わらないようですが、

使わないときよりも痛みが強かったとする意見や、
逆にあまり痛みを感じなかったという意見もあるため、
個人差が大きいということがあげられます。

筆者も、2人目と3人目のときに微弱陣痛が続き、
本陣痛がなかなか始まらなかったため、
促進剤を使用しました。

初産のときよりも出産にかかる時間が短かったことがあり、
痛みは軽かったように思いますが、
普通分娩と変わらないようにも思えました。

また、

促進剤の効き目には個人差があり、
使用してすぐに陣痛が着き始める方もいれば、
1~2日かかって陣痛が着き始める方もいるようなので、

促進剤を使ったからといてすぐに
生まれるようなことになるかはわかりません。

ただ、

いつ陣痛が始まってもいいように、
心の準備だけはしっかりとしておきましょう。

関連:出産トラブルのエピソード集!難産ってやっぱり大変なの?

Sponsored Link
 

促進剤のリスク

促進剤を使用することにより、陣痛が着きすぎて、
赤ちゃんの準備が整わないまま
お産が始まってしまうケースもあるようです。

促進剤は、子宮の収縮を助長するはたらきがあるため、
それだけ赤ちゃんにかける負担も多いということを
しっかりと理解しておきましょう。

 

【痛くない出産法】

 

まとめ

出産はトラブルつきものですが、そんな時にも
慌てずに冷静に判断できるようにしておきたいですね。

また、

促進剤を使う場合には、担当医師や助産師さん、
看護師さんがしっかりと見守っていてくれますから、

リスクはあるけれども、
あくまでママと赤ちゃんのことを
第一に処置をしてくれると思いますので、
医師や助産師さんの言葉をしっかりと
聞いて出産に臨みましょう。

関連:出産の最高齢は?世界と日本国内の女性のギネスがすごい!

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ