出産とつわりの関係とは?つらい時期の対策を知ろう

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

出産は女性の人生の中でも、
とても大きな出来事の一つです。

その出産を迎えるにあたり、
乗り越えなければならない最初の出来事が
つわりではないでしょうか?

つわりは個人差が大きく、
つわりを全く感じなかったという方もいれば、
体重が激減するほど重症になる方もいて、
社会の中でも理解を得ることが難しいことだと思います。

今回は、出産に向けての第一歩である
つわりについてまとめていきたいと思います。

つわりとは?

つわりは、妊娠中の女性の50~80%の割合で
起こるようで、妊娠4~8週目くらいの間に
発症する方が多いようです。

通常であれば20週頃には落ち着き、
食事などもしっかりととれるようになってきますが、
つわりの症状や重さはひとそれぞれ。

つわりの症状としては、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 体調不良
  • 眠気

など、さまざまなことがあり、
その症状の重さも気持ち悪いなと思う程度のものから、
栄養失調で入院するほどまでと、
これまたさまざまであることがわかります。

都市伝説的なものとして、
つわりは遺伝することが多いようで、

自分の母親がつわりが重い場合、
自分自身も重いつわりを経験するように
なることが多いようです。

だから、

妊娠中の方やこれから赤ちゃんを
望んでいるのであれば、母親に
聞いてみるといいかもしれないですね。

 

つわりの原因

つわりは、医学的に証明されている
原因はないようです。

しかし、

妊娠による身体の変化ストレス
睡眠不足などが関係しているとも言われています。

妊娠が分かったばかりで、
職場やパートナーとの関係性、
それによるストレスなどが大きく
関わっていると筆者は思っております。

なので、

できるだけストレスをためないように、
また、上手なストレスの発散方法などを
見つけていくしかないような気がします。

関連:ストレス発散!毎日一人でできる簡単なオススメ方法!

Sponsored Link
 

つわりへの対処法

つわりは原因がわからないということもあり、
つわりが出てきてしまった以上、
上手に付き合っていかなければなりません。

少しでもストレスをためないようにしたり、
気分が良ければお散歩に出かけてみるなど、
気分転換をしながらつわりと
向き合っていくといいでしょう。

また、

吐き気や嘔吐がひどい場合には、
栄養失調になってしまうことも考えられますので、
少しでも食べやすいものを口にするようにしましょう。

妊娠中は栄養バランスの取れた食事を
摂ることが理想ですが、つわりの時期には
そんなことも言ってられません。

とにかく食べることを第一の目的として、
食べられるものだけ食べるようにしていきましょう。

 

【つわりを軽減してくれる食べ物】

 

まとめ

筆者の場合は、メロンやスイカなどの
水分の多い果物やフローズンのアイスなどは
食べることができたので、
それらを主食としていました(笑)

安定期に入るころにはつわりも
落ち着いてくると思いますので、
そこから栄養バランスの取れた食事を
摂ることを考えれば大丈夫です。

関連:出産と月の満ち欠けの関係とは?新月や満潮が実験でも実証?

かわいい赤ちゃんに会うための
第一の試練がつわりだと思います。

つわりのつらさを乗り越えて、
これからの妊娠生活や出産に臨んでいくといいでしょう。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ