歯周病が口の臭いの原因?自覚してないと出血の可能性も

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

歯周病という口の中の病気は
名前くらいは知っていると思いますが、
自分は歯周病なのかどうか
ハッキリ自覚している人は意外と少ないかも。

しかし口の臭いの原因のほとんどが
歯周病から起こるものなのですよ。

自分では意外と知らないでいても
周囲の人は気がついているかも。

歯周病と口の臭いの関係について
解説しています。

気になる方はぜひ参考にしてください。

歯周病とは

歯周病というのは、虫歯とは違い、
歯茎に起こる病気のことです。

口の中には善玉菌が働いていて
細菌が繁殖しないように
バランスを保とうとします。
152415
しかし歯磨きが十分ではなかったりすると
悪玉菌のエサになり、歯周病菌が繁殖して
口の中の健康を乱すようになります。

歯と歯茎の隙間に歯周病菌が入り込み
どんどん浸食していくことで
歯周ポケットと呼ばれる隙間を作り
そのうち歯を支える骨を溶かしてしまい
歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病は虫歯と並んで
歯を失う原因になる怖い病気なのです。

 

口の臭いの原因

口の臭いの原因には、
消化器系の病気やストレス、
その他体調によるものや、ドライマウス、
虫歯、歯周病、舌苔など色々ありますが、
なんと口臭の原因は90%が歯周病です。
122185
歯周病になると歯と歯茎に
歯周ポケットを進行させることは
先述の通りですが、そのポケットに
食べ物のカスが入り込みやすくなります

するとそれが腐敗して臭いを発してしまい、
口臭の原因になります。

初期段階の歯周病の場合は、
歯周ポケットの中に食べ物のカスを
残さないことが一番の口臭予防になります。

Sponsored Link
 

歯周病がひどくなると

歯周ポケットの中に残った食べ物のカスを
キレイに取り除かないと歯垢という
ネバつきのあるものに変化していきます。

歯垢をさらに3日以上付着させたままにすると
それが石のように固くなり歯石になり、
歯磨きでは取れなくなってしまいます

歯石は固いもので、歯垢のような
ネバつきがないので、臭いの原因には
関係ないように思われるかも知れませんが、
歯石からは毒素を排出しています

それが歯周ポケットをさらに深くして
臭いのもとを発するようになるんです。
074028
すると歯茎の中で炎症を起こして
歯茎が腫れる出血する膿が出るなど
悪化してしまうんですね。

こうなると歯槽膿漏という状態なので
歯が抜けるのも時間の問題です。

参考:歯周病で骨が溶けるって本当?痛みや骨粗しょう症の予防策

こうなる前に、歯周ポケットの中を
いつもきれいにしておくように
歯磨きの時には歯と歯茎の間を意識して
丁寧にブラッシングしましょう。

 

口臭と歯周病のまとめ

今や日本人の80%が歯周病と言われています。

口臭は他人はなかなか指摘してくれません。

自分では毎日きちんと
歯磨きしているつもりで安心していても、
実は「○○さんは口臭が!」
なんて言われている恐れも。

気になる場合は、
歯科医で歯周病のチェックをして、
歯石の除去などクリーニングをしてみては
いかがでしょうか。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ