脂肪燃焼に汗をかくのは無関係?痩せるのに効果的な運動は何?

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

いっぱい運動をして汗をかくと、
「カロリーが消費されて痩せれる♪」
と思う方も多いかと思います。

それは、間違った認識なのです!

今回は、その真相について
ご説明していきます。

脂肪を燃焼するのに汗をかくのはダメ?

運動やスポーツをすると
体から出てくる汗。

汗をかくと「痩せる」、
「脂肪燃焼できる」と
考えている人は多いみたいです。

汗をかくと痩せた気持ちに
はなるのですが、実際、
かいた汗の量と脂肪の燃焼料には
関係がありません。

汗をかくことで水分が
体の中から出されているので、
一時的に体重は落ちますが、
水分を摂取すると体重はまた元に戻ります。

汗を大量にかいたとしても、
直接的にカロリー消費や脂肪燃焼に
つながるというわけではない
のです。

体脂肪を落としたいということであれば、
サウナや岩盤浴にいってアツい所にこもり、
大量に汗をかくというやり方はオススメ出来ません。

 

汗をかくことは無意味なのか?

汗をかくことで、
体内にある有害物質を排出
することに繋がります。

有害物質とは、重金属のことであり、
食べ物や飲み物に含まれています。

それを体内から排出するのが汗なのです。

有害物質を体から排出していくことで、
脂肪が燃焼しやすい体になっていくのです。

脂肪の燃焼に直接
関係するわけではないですが、
無理に汗をかけば良い
というわけではないということです。

 

そもそもなぜ人って汗をかくの?

汗の役割は主に体温調節です。

上がりすぎた体温を
下げてくれる役割がある
のです。

現代人はクーラーや
運動不足の影響により、
汗をかくということ自体が
減ってきています。

クーラーに慣れてしまうと、
室内と室外の温度差にカラダが
対応出来なくなってしまいます。

これにより、
自律神経の調子が狂ってしまい
免疫機能に及ぼすことになり、
病気にかかりやすくなってしまうのです。
適度な運動をすることで、
汗をかくカラダになっていきます。

体温調整ができる健康なカラダを作る為にも、
適度な運動を心がけましょう。

Sponsored Link
 

脂肪燃焼に効果的なの運動

脂肪燃焼する為には、
有酸素運動がかかせなくなってきます。

激しい運動ではなく、

  • ウォーキング
  • エアロバイク
  • ゆったりめの水泳

の三つが脂肪燃焼にはオススメです。

脂肪燃焼をして昔みたいな引き締まったカラダを
手に入れたいと思う方はぜひチャレンジしてみて下さい。

参考:脂肪燃焼にはウォーキング!簡単にできる運動に効果的な時間や歩き方

 

【ダイエットに効果的なウォーキング方法】

 

結論

脂肪燃焼をするために、
無理して汗をかく必要は無いということです。

サウナスーツをきて
ランニングをしたりするよりも、
ウォーキングなどの有酸素運動を
1日20分程することを心がけ、

継続することが必要になります。

汗をかいたから、
脂肪が減るというのは
間違いだということを認識して、
有意義な脂肪燃焼ダイエットに
励んでみてはいかがでしょうか。

ダイエットに役立つ記事一覧

長文を最後まで読んで頂きありがとうございます。
これからも記事を更新していくので、
ぜひ続けて読んで頂けると嬉しいです。

 

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ