口内炎は風邪だと治らない?効果的な食事や対策を考えよう

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

風邪を引くと、
口内炎にないやすい人は多くいます。

風邪でエネルギーが低いのに、
口の中も痛い…

風邪もはやく治したいし、
口内炎も治したいけど、
どっちも中途半端になっちゃいそう…

そこで今回は、
こんな状況にならないための
対策方法をお伝えしていきます。

口内炎にはビタミンが効果的

口内炎は身体の抵抗力が落ちた時や、
ビタミン不足になったときに発症します。

また、

風邪はウィルスや細菌に
感染すると起こります
が、
身体の抵抗力が落ちていると、
感染しやすくなります。

風邪を引くと体力が奪われ、
身体の抵抗力が弱くなり、
口内炎だけでなく、肺炎や気管支炎、
扁桃腺など色々な病気を
引き起こす可能性がある
ので、
注意が必要です。

風邪を治すためにも、
ビタミンは大切!

口内炎ができている場合は、
ビタミンB群を積極的に摂ることが大切です。

参考:口内炎は栄養不足が原因?食事で予防するためのおすすめポイント

 

口内炎は夏風邪に多い 

口内炎を併発する風邪として代表的なものは
ヘルパンギーナ」という口内炎。

毎年6~8月に流行する、夏風邪の一種で、
患者の90%は6歳以下の子供です。

さらにその半分は2歳以下の乳幼児が占める、
ウィルス性の感染症です。

kounaien

ヘルパンギーナの特徴は、急な高熱が出ることと、
口の中に水泡や水ぶくれ
強い炎症などを発症しやすいことです。

夏場にこれといった原因もなく
38度以上の高熱が出て、

口内炎やただれなどの症状があったら、
ヘルパンギーナの可能性が高くなります。

上あごや咽頭部にできやすく、
目に見てわかるくらいの水泡が
多発するケースも多いようです。

 

冬場の風邪による口内炎 

冬の風邪も口内炎ができるケースは多いのですが、
この場合は身体の抵抗が落ちていることや、
ビタミン不足が主な原因と考えられます。

  • ストレスや疲れ
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活

などで起こります。

風邪をひくと免疫力が下がってしまうことから、
口内炎の多くはアフタ性で、
米粒大の白いただれと、周囲の腫れ
による痛みがあります。

kaze_woman

以前にヘルペス口内炎にかかった人が、
風邪をひいた後に再び発症する場合があります。

これも風邪をひいた事によって
抵抗力が落ちたところに、
体の中にいたヘルペスウィルス
再び活動したことで、
症状が出た可能性が高いといえます。

Sponsored Link
 

風邪による口内炎の対処法 

風邪も口内炎も、
体力や免疫力の低下によっ
て起こる症状
なので、
まずは規則正しい生活と、
十分な睡眠で体をしっかり
休ませること
が大切です。

口内炎の刺激になる
アルコールやタバコ、
辛い食べ物なども避けて炎症を
悪化させないようにします。

aruki_tabako

 

口内炎を早く治すためには、
口内環境もあなどれません。

うがいなどで口の中を清潔に保って、
ウィルスを寄せつけないようにします。

水でのうがいも問題ありません。

殺菌効果があると言われている塩水やハーブティー、
緑茶などでうがいをするとより効果があります。

参考:口内炎は塩うがいとケナログで早く治す!痛い原因に効くのは何?

 

まとめ

風邪や口内炎にならないためには、
体の抵抗力が大切ですね。

しっかりビタミン群をとり、
規則正しい生活をこころがけましょう。 

口内炎に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ