カテゴリー:育児

  1. 出産のときにトラブルが 起こることは珍しいことではありません。 陣痛が始まる前に破水をしてしまったり、 なかなか陣痛が強くならなかったり、 緊急帝王切開になることも珍しいことではありません。 どんな状況になってしまってもし…

  2. 妊娠や出産には、健康保険が適用にならず、 自己負担で支払う金額も多くなります。 しかし、 確定申告をすることで、 自己負担額を減らすことができますし、 払いすぎた税金の還付金を受け取ることや 翌年の住民税が低くなる可…

  3. 働いているママさんにとって、子どもを長時間 預かってくれる保育園の存在は とてもありがたいものですよね。 しかし、 その一方で、保育園が土日や祝日を お休みにしているところがほとんどです。 飲食業やサービス業などに就…

  4. 初めての出産はわからないことだらけで、 妊娠や出産にかかわることすべてに 不安を持ってしまうと思います。 まして、自分だけでなく、おなかの赤ちゃんにも 影響が出ることですから、なおさら 不安になってしまうこともあるでしょう。 …

  5. お子さんを預ける保育園を探しているママさんは、 さまざまな疑問に直面すると思います。 保育園に入るには どのような手続きをしなければならないのか どのような保育園があるのか 保育方針などはどのようなものがあるのか …

  6. お子さんが何らかのアレルギーを持っている場合、 保育園に預けることに抵抗を感じている ママやパパも多いのではないかと思います。 しかし、 毎日働きながら、お子さんのアレルギー除去食の お弁当を作るということも、かなりの …

  7. 子育ては多くのママが実践していることであり、 母親として当たり前のことをしていると 思っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。 かくいう筆者も3人の子育ての真っ最中で、 毎日てんやわんやしています(笑) そこで、今回あな…

  8. 現代の社会の場合、 若い世代は共働きで働く場合が多く、 1歳くらいの年齢から保育園に預けられている お子さんがほとんどのようです。 これは、社会の福利厚生の制度の中で、 育児休暇取得の際の期限が 「お子さんが満1歳になるまで…

  9. 出産は病気ではありませんが、 病気よりもツラいと感じるママが多い ということは知っていますか? 筆者も3度の妊娠を経験しましたが、 妊娠初期には激しいつわりに見舞われ、 ようやく収まってきた頃には 切迫流産の危険性が大きくな…

  10. あなたは、社会学者の古市憲寿さんを ご存知でしょうか? 情報系のテレビ番組などでコメンテーターとして 活躍している姿も良く目にしますが、 この古市さんが出版した 『保育園義務教育化』が さまざまな物議を醸しだしているよう…

  11. 女性の身体のサイクルには、 月の満ち欠けが大きく関係しているようです。 ですから、 女性特有の大きな出来事である出産にも、 月の満ち欠けは大きく関係している ということが言えるのです。 ここでは、出産と月の満ち欠けに…

  12. お子さんもある程度大きくなってくると、 育児休暇を取得していたママさんや出産のために 退職したママさんなども、ご家庭の理由などで お子さんを保育園に預けて働くように なってくる方も多いと思います。 そこで気になるのが、保育園に…

  13. 最近は、晩婚化が進み、 また、熟年離婚なども増えてきている といわれていますが、子育て世代の 若い方でもママ、もしくはパパだけで 子育てをしている方も多くなってきているようです。 その原因としては、 離婚が約80% …

  14. 保育園に通うようになると、 たくさんのおもちゃで遊んだり、 同じくらいの年齢の子たちと 一緒に遊んだりするようになります。 また、 保育園ごとの保育方針によっても異なりますが、 お遊戯を楽しむ時間も多くとられていると思い…

  15. かわいい赤ちゃんの出産を間近に控え、 陣痛がどんなものか、出産とはどういうものか、 不安を抱えているプレママさんも 多いのではないでしょうか。 今回は、どのくらいの年齢まで可能なのかを まとめて見ましたので、気分転換に 読ん…

  16. 生まれたばかりのお子さんとの生活にも慣れ、 そろそろ社会復帰をしようと思っている ママさんも多いのではないでしょうか。 そうなると、お子さんの保育園を 探さなくてはいけなくなってきますが、 保育園と保育所の違いってご存知でした…

RETURN TOP

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!