結露で壁が濡れる!壁紙が剥がれるトラブルは結露ヒーターで対策しよう!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

冬の室内の結露は、窓ガラス周辺が濡れてしまい、
カーテンにカビが生えたり、
フローリングが傷んでしまう原因になります。

気密性の高い住宅は、
便利な面も多いのですが、
困ることもあるのです。

窓ガラスの結露やカーテンのカビは
何とか対策することもできますが、
困るのは壁が濡れるほどの結露が発生して、
壁紙が剥がれてしまったり、
壁の内側にカビが生えてしまうという問題です。

壁紙は簡単に交換できるとしても、
壁が濡れるような結露が毎年起こるのなら、
根本的な対策になりません。

結露ヒーターのような便利なアイテムを
活用してみることも考えてみましょう。

結露で壁が濡れてはがれてしまう…

結露の発生は、気温差が大きくなることです。

窓ガラスが結露するのは、
外気の冷たい空気が伝わってしまうからです。

一般の住宅の壁は、
断熱材や除湿防カビ剤などを入れているので、
室内の温かい空気と外気の気温差で壁の中は
結露が発生しにくいのですが、

室内の暖房設備が整って外気との差が
大きくなれば、壁が結露で濡れてしまう
ようなことも起きてしまいます。

とくに石油ストーブや石油ファンヒーター
暖房器具として使っていると、
室内の結露が起こりやすく、
壁紙がはがれるほどひどい結露が起こることもあるのです。

灯油を燃焼させる暖房器具は、
水分の蒸発が起こりますので、
部屋の中の湿度が高くなります。

外気との気温差が大きくなる上に
湿度が高くなるからです。

壁が濡れるほど結露がひどいというご家庭では、
燃焼系の暖房器具ではなく、

エアコンやオイルヒーターなどの
非燃焼系の暖房器具
変えてみると良いでしょう。

ただ、湿度が低くなり過ぎないように、
加湿器を適度に使うことは大切です。

関連:結露とは何が原因で発生する?湿度じゃなく温度差がキーポイント!

 

壁の結露の救世主になる結露ヒーター

壁紙にカビが生えてしまったりすると
張り替えが必要になりますし、
結露で濡れてはがれてしまった場合など、
お金も手間もかかります。

カビが生えてしまうと、
健康被害も心配ですね。

そんな室内結露の対策に役に立つのが、
窓際や壁際に設置する結露ヒーターです。

 

結露ヒーターは、外気との温度差を少なくする
効果のある小さなヒーターです。

目立たずに壁や窓ガラスの
下に設置するだけ
です。

温かい空気を壁や窓ガラスに送ることで、
温度差が生まれるのを防ぐという便利なグッズです。

Sponsored Link



 

結露ヒーターのメリットとデメリット

結露ヒーターは、電気を使うものなので、
電気代がかかります。

その点がデメリットと感じられるかも知れませんね。

しかし、壁紙がはがれることで
張り替えなくてはいけないとか、
壁にカビが生えて大々的な修復を
しないといけないなど、結露を
放置しておく方が経済的なダメージ
起こることも考えられます。

それに、結露ヒーターの消費電力は
それほど大きなものではありません。

外気との温度差を少なくする効果がある
ということは、冷たさを室内に
伝わりにくくする
わけですから、

結露ヒーターを使えば、
暖房の消費電力を抑えることも
可能になるので、逆に電気代が
節約できる可能性もあります。

部屋全体を温めるほど寒くない時などは、
結露ヒーターを使うだけで
室内温度が下がりにくいので、
メリットは大きいのではないでしょうか。

関連:寝室の結露が原因でカーテンや寝具にカビが!健康へのリスクはどうなるの?

【結露対策

 

まとめ

ガラスの結露はふき取ればいいとしても、
壁が濡れると中まで湿ってしまうので困ります。

結露ヒーターの効果は
使ってみるとよくわかります。

うっとおしい結露から解放されたい方は、
導入を検討してみてはいかがでしょう。

結露に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ