結露とカビ対策に効果のあるカーテンとは?放置するリスクが怖すぎる…

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

結露対策をどれだけ頑張っても、
冬の結露を完全に防ぐのは難しいでしょう。

せっかくのお気に入りのカーテンが、
一年でカビが生えてしまう…
という残念な経験があると、
ほんとに悲しくなってしまいます。

そこで、結露対策もできて、
カーテンのカビも防ぐ方法は
ないものか調べてみました。

カーテンのカビを放置する危険性

結露した窓ガラスに触れることもあるし、
結露した窓ガラスとカーテンの間は
湿度も高くなるので、カーテンは
カビが生えやすくなるのは仕方ないのです。

カビの生えたカーテンは、
殺菌作用のある漂白洗剤などで
洗濯すればきれいになることもありますが、
繊維の中に入り込んだカビ
簡単には消えません。

お風呂のカビと同じように、
根を張っているので頑固なんです。

しかも、カーテンが大きいと、
頻繁に洗濯するのも難しいですよね。

しかし、窓を開けて換気した時などに、
カビの生えたカーテンをそのままにしていると、
部屋中にカビの胞子が飛び回ります。

寝室のカーテンにカビが生えていると、
寝具の中にカビが繁殖するなんてこともあるのです。

寝ている間にカビの胞子を吸い込んで、
喘息や気管支炎などを起こしたら困ります。

カビの生えたカーテンは、
そのまま放置しないようにしましょう。

 

断熱カーテンの効果

窓ガラスの結露対策グッズ
色々あるのですが、
カーテンで結露対策する方法ないのか?

調べてみると、
断熱カーテンというものを見つけました。

断熱カーテンは、遮光カーテンよりも
さらに密度の高い繊維を使っていて、
光だけじゃなく、熱も防ぐ効果のあるカーテンです。

繊維生地にアルミやチタンなどの層を作って、
冷房の効果を高めて節電にも
役立つという特殊なカーテンです。

夏の室内に窓から熱を
伝えない為のカーテンなのですが、
逆の発想で、窓ガラスの
結露対策にもなる
のです。

結露は温度差が大きくなると発生するので、
断熱カーテンを使えば、室内の温かい温度と
窓ガラス付近の冷たい
温度を分ける効果が期待できます。

断熱にもなるし、防寒にもなるので、
一年を通して節約にもなるというスグレモノです。

 

結露によるカーテンのカビを防ぐ方法

断熱効果の高いカーテンを使っても、
完ぺきに結露を防ぐことができないと、
結局はカビは防げません。

あらかじめ、カーテンのカビを防ぐことも
考えておきましょう。

衣類に使える抗菌スプレーには、
防カビ効果もありますが、
カーテン専用の防カビ剤もああります。

自然界にある菌の力でカビを防ぐタイプなら、
小さなお子さんがいるご家庭や、
ペットがいるお部屋でも安心して使えますね。

 

まとめ

結露でカビに生えてしまったカーテンを
交換することを検討しているのなら、
次はカビを生やさないようにしたいですよね。

カーテン選びの段階では、
結露対策を忘れないようにしましょう。

結露に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ