寝室の結露が原因でカーテンや寝具にカビが!健康へのリスクはどうなるの?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

寒くなると空気が乾燥するため、
眠っている間に喉や鼻の粘膜がカラカラに
乾いてしまうことがあります。

インフルエンザなどのウイルスは、
乾燥すると元気になるので、
そんな環境で眠っていると、
風邪やインフルエンザにかかるリスクも高まります。

しかし、寝室の湿度を高くすると、
結露がひどくなり、カーテンや壁紙などに
カビが発生することがあるのです。

カビの胞子が舞う寝室の中で眠るのは、
健康への影響が心配になりますね。

湿度を高くする方が良いのか、
それとも結露を防ぐために
乾燥させた方が良いのか。

結露などによるカビの
影響について考えてみましょう。

結露と湿度の関係

結露は部屋の中の湿度が高くなると
発生すると思われているかも知れませんが、
湿度が高いだけが結露の原因ではありません。

結露は、温度差が大きくなることで発生します。

寝室は、家の中では
乾燥しやすい空間であることが多く、
湿度が高すぎることはあまり考えられません。

加湿器を使っていて、
湿度が60%以上になっていると
結露は発生しやすくなりますが、
40%以下でも結露は発生します。

窓の外の気温が低く、
室内との温度差が大きくなると、
温度差がもっとも大きくなる
窓ガラスは結露します。

カーテンと窓ガラスの間は湿度が高くなるので、
カーテンにカビが生えることもあるわけです。

カビの胞子は目に見えないもので、
どこでもカビが生える可能性はあるのです。

関連:結露とは何が原因で発生する?湿度じゃなく温度差がキーポイント!

 

カビによる健康への影響

カビの生えたカーテンや壁紙、
カーペットなどがある寝室で眠ることは
健康への影響が心配です。

カビの胞子が原因の

  • 喘息
  • 気管支炎
  • 鼻炎

など、呼吸器系への影響が懸念されるのです。

カビが原因の皮膚病もあるので、
眠っている間にカビの胞子を吸い込まないように
注意しなければいけません。

Sponsored Link



 

結露を防ぐ寝室の環境を整える対策法

結露は湿度が高くなくても発生しますので、
適度な湿度に保つように寝室には
湿度計を設置しましょう。

50%~60%を保つように
加湿器などを適度に使い、
乾燥し過ぎないようにします。

雨の日などは過剰な
加湿をしない
ようにすることで、
室内のカビの発生を防ぐことができます。

窓ガラスが結露しやすい場合は、
結露をこまめに取ります。

ふき取るか、
結露ワイパーなどで取りましょう。

カビの胞子や花粉など、
目に見えないものにも効果のある
空気清浄機を寝室に設置することは、
睡眠環境を整える効果として理想です。

【結露対策

 

まとめ

結露はカビの発生の原因になりますが、
カラカラの乾燥も問題です。

結露の発生を防ぐ対策と
カビの発生を防ぐ対策は
必ずしも同じではないのです。

湿度計を設置して、
寝室を適度な湿度に保つようにしましょう。

結露に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ