母子家庭でも借りれる賃貸住宅ってあるの?離婚後の住まいのことを考えよう!

この記事は2分で読めます

子供がいないとしても、
夫婦が離婚する場合は色々大変です。

そこに子供と一緒に今の住まいを出ていくとなると、
さらに大変なことが色々出てきます。

例えば新たな住まいを探す時に、
母子家庭でも借りれる賃貸住宅というハードルが
まず最初に出てくるのです。

母子家庭でも借りられる賃貸住宅を
探す方法をご紹介しましょう。

Sponsored Link

賃貸借契約に必要な条件

賃貸住宅を探す時には、
不動産会社から探すのが一般的です。

契約する時に必要なことは、
多少の違いはあるとしても、
共通した条件があります。

  • 収入があること
  • 連帯保証人がいること

この二つの条件が揃っていれば、
民間の賃貸住宅の契約は可能でしょう。

母子家庭だから賃貸住宅の入居を断られるケース
ほとんどないと思いますが、
収入がなく、保証人もいない場合は、
母子家庭じゃなくても契約するのは難しいのです。

 

個人か大手か不動産会社の選び方

不動産会社は、物件の所有者から
賃貸借契約の手続きから家賃の管理までを
一括して任されているケースがほとんどなので、
スムーズに物件を探したいのなら、
不動産会社の選び方もポイントになります。

今は大手の不動産会社では、
家賃の滞納などによる損失を防ぐために、
信用保証会社に加入しないと
賃貸契約できない
ケースが多くなっています。

これは、保証金として入居者が
支払うケースもあります。

以前のような敷金、礼金のような
まとまったお金はいらなくても、
保証金を保証会社に納めることで
契約できるというような
様々なケースがあります。

入居したい物件によって、
賃貸借契約の内容は違うので、
母子家庭では契約できないこともありますから、
いくつかの不動産会社を回ってみることです。

個人営業している不動産屋さんは、
直接オーナーと話して
交渉してくれることもあるのですが、
敷金や礼金、仲介手数料などが
高くなる
ケースもあるので、
メリットもあれば、デメリットもあるでしょう。

Sponsored Link



 

賃貸借契約に保証人は絶対必要なのか

母子家庭でも借りられる賃貸住宅を見つけても、
連帯保証人がいないと契約できないことが多いです。

保証人がいなくても契約できる物件もありますが、
選択肢は少なくなります。

連帯保証人として認められるのは、
基本的には収入がないとダメです。

家賃の未納などがあった時などに
保証人に収入がないと困りますからね。

しかし、

年金生活の高齢の親くらいしか
連帯保証人を頼めないとしても、
賃貸契約時の保証会社の審査がクリアすれば
契約できることが多いので連帯保証人が
誰もいないわけじゃなければ
契約できることもあるので、
あまり心配しなくても大丈夫です。

もしも民間の賃貸住宅じゃなくてもいいのなら、
自治体に相談してみるのも良いと思います。

  • 県営
  • 区営
  • 市営
  • 町営住宅

などへの入居方法など
相談してみるのも良いのではないでしょうか。

【母子家庭でも賃貸するには?

 

まとめ

母子家庭でも借りられる
賃貸住宅は少ないわけじゃないです。

ただし、離婚を考えているのなら、
職業を持ってある程度安定した収入を得られるようになると
スムーズになることは間違いありません。

まずは離婚後の生活の基盤を固めることを
優先して考えるようにしましょう。

シングルマザーに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!