離婚の原因が妻の不貞行為なのに養育費を払いたくないのは通用する?

この記事は2分で読めます

離婚の原因は色々ありますね。

性格の不一致とか、
経済的な理由とか。

離婚時に泥沼になりやすいのは、
やはり不貞行為です。

いわゆる浮気、不倫などのことです。

もしも妻が不貞行為をして、
それが原因で離婚となった場合ですが、
それでも養育費を払うことに
納得できないという男性の意見が
ネット上で見られます。

最近は浮気していない主婦の方が
少なくなっているなんて言われるほどなので、
妻の不貞行為で離婚する
ケースも少なくないでしょう。

その場合の養育費の扱いについて
考えてみることにします。

Sponsored Link

妻の不貞行為と養育費の関係

まず、離婚の時にお金のことで問題になるのが

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 養育費

ですね。

慰謝料というのは、どちらかに
精神的、肉体的にダメージを与えるような
原因がある場合のみ発生します。

不貞行為があった場合は
それに相当しますので、
慰謝料を請求することは可能です。

財産分与に関しては、不貞行為などは関係なく、
お互いに分けるものです。
この場合、借金も分与することになるので、
財産分与の権利を放棄することも可能です。

さて、本題の養育費に関してです。

結論から先に言ってしまうと、
妻の不貞行為云々は、
養育費とは無関係なのです。

 

養育費の算出方法について

もそも妻が不貞行為を働いたとしても、
そのことで親権が妻にいかないわけではありません。

父親が親権者になるのは、
難しいのが事実です。

いくら妻が不貞行為をしたからと言って、
母親として失格となるわけじゃないのです。

母親が子供を引き取った場合には、
養育費を支払う義務は生じるのですね。

その算出方法に妻の不貞行為が
影響する
ことはありません。

関連:離婚する前に知っておきたい養育費の平均額とは!計算方法をご紹介!

Sponsored Link



 

養育費は子供のためのに支払うもの

不貞行為を働いた妻をラクさせるために
養育費を支払うことに抵抗を感じるというのは
心情的には理解できることですよね。

しかし、妻をラクさせるわけじゃなく、
子供が育つために支払うものなのですから、
そこを割り切らないといけません。

自分を裏切った妻を苦しめたい
という感情が、子供まで苦しめる
ようなことがないようにしましょう。

もしも養育費が妻が勝手に使っていないか
心配な場合は、離婚時に子供との面会の
ルール
もきちんと取り決めましょう。

子供の様子を定期的に観察し、
養育費が正しく使われているかどうか、
確認できるようにするなど、
対策を考えましょう。

妻が再婚したり、経済状況に
変化ができた場合でも、
子供との定期的な面会があればわかります。

子供の生活の様子を見ることなく、
養育費の支払いを止めるようなことをすると、
子供が苦しむことになってしまいます。

妻への感情と混同しないようにしないといけませんね。

関連:養育費を減額できる正当な理由は何がある?対象となる3つの事例を紹介!

【養育費減額ができるケース

 

まとめ

離婚の原因にはいろいろありますが、
特に相手の不貞行為で養育費まで
支払わなければいけないというのは、
納得しづらいところがありますよね。

養育費は誰のために支払うのか、
それをしっかり考えるようにしましょう。

養育費に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!