睡眠時の噛み締め癖が疲れるカラダの原因かも?睡眠の質を考える

この記事は2分で読めます

一日の疲れを癒やすための休息のはずの睡眠なのに、
なぜか朝起きた時に体が疲れる感じがする。

そんな方はもしかして、
睡眠中に歯の噛み締めていたり、
歯をギリギリと擦り合わせる歯ぎしりをしていて、
疲れるのかも知れません。

目覚めた時から疲れるなんて、
日中の活動の質にも影響してしまいます。

睡眠時の噛み締めについて解説しましょう。

Sponsored Link

睡眠時の噛み締めをチェックしてみる

しっかり眠ったはずなのに、
朝目が覚めた時に体が
疲れるような感じがするのなら、
噛み締め癖のチェックをしてみましょう。

噛み締め癖のチェック一覧

以下のことに当てはまることがあるでしょうか。

  • 眠っても疲れが取れた感じがない
  • 朝起きた時に舌に歯の形が跡になっている
  • 朝起きた時から頭痛がすることがある
  • 肩こりがひどい
  • 朝食の時に歯が痛む
  • 気が付くと上下の歯が触れている
  • 顎に痛みがある
  • 知覚過敏で冷たいものがしみる
  • 歯肉炎で歯茎が腫れることがある
  • 歯茎が痩せて歯が伸びたように見える
  • ストレスを感じていることが多い
  • ほうれい線が目立つようになった
  • 目が疲れることが多い
  • 歯並びが悪くなってきた
  • 歯磨きをしっかりしているのに虫歯が多い
  • 歯周病が治らない
  • 耳の奥が痛むことがある
  • エラが張っている
  • 歯槽膿漏で歯が抜けた
  • 咬合面がすり減っている

この中で、5個以上当てはまるのなら、
噛み締め眠っている可能性があります。

一度歯科医院で歯と歯茎の
状態を確認してみましょう。

6個以上10個未満ではかなり
噛み締め癖が強いと考えられます。

10個以上当てはまるのなら、
できるだけ早く歯科医で歯を守るように
対策をとることをおすすめします。

 

睡眠中の噛み締め癖の対策方法

睡眠中の噛み締め癖は、
日中に無意識のうちに
噛み締めているのを防ぐよりも、
簡単にマウスピースで予防できます。

マウスピースを歯型に合わせて歯科医で作り、
定期的に上下の歯の噛み合わせを観察していくと、
改善されているかどうかわかります。

もともとの噛み合わせによっては、
噛み締めやすくなってしまうので、
その場合は上下の歯の高さを調整します。

自分の意識ではどうしても予防できない睡眠中は、
歯科医と相談しながら治していきましょう。

関連:歯を食いしばる癖がついてしまったのはストレスが原因かも!

Sponsored Link



 

噛み締めながら眠るリスクは疲れだけじゃない

睡眠時に噛み締め癖があると、
疲れてしまうというのはお伝えしました。

その他にもリスクはあるのです。

噛み締めるのは食事中以外は避けないと
歯と歯ぐきへの負担が大きくなります。

噛み締める時には、
顔や首などの筋肉が収縮します。

頭へ流れる血流が悪くなることや、
不要な筋肉の疲労が全身の
疲労感に広がって
しまいます。

関連:無意識に噛み締める癖がある人は歯周病や虫歯のリスクが高くなる?

【噛み締めを10秒で緩和する方法

 

まとめ

朝起きた時に疲れているような日が続くのなら、
すでに長い年月の噛み締めの
影響が蓄積しているかも知れません。

良い睡眠を得られるように、
きちんと治した方が良いですね。

噛み締めに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!