瞼裂斑の原因はコンタクトレンズにあり?コンタクトはやめないとダメなのか

この記事は2分で読めます

瞼裂斑というのは、
白目のできるシミのようなものです。

黄色っぽいシミ白目にある場合は
瞼裂斑が疑われる場合が多いです。

しかし、

瞼裂斑の他にも、白目にシミのようなものが
できることはあるので、必ずしも白目に
黄色っぽいシミができているからといって
瞼裂斑とは断定できません。

どのような症状が瞼裂斑なのか、
その原因にコンタクトレンズが
影響すると言われるので、
コンタクトレンズユーザーは気になっているのでは。

そこで瞼裂斑とコンタクトの関係について
まとめていますので参考にしてください。

Sponsored Link

瞼裂斑とは

瞼裂斑は、そんなに珍しいことではなく、
軽度な瞼裂斑なら、かなりの割合で起こるそうです。

瞼裂斑そのものは、とくに悪いものではなく、
たんぱく質や脂肪が沈着して起こるものです。

黄色っぽく変色してシミのようになるだけじゃなく、
隆起してしまうことがあるので、
目がゴロゴロする異物感があるのに、
何も入っていないので、
不快な症状が続くことがあります。

とくに治療する必要がないものが多いのですが、
見た目が気になる人や、
違和感が強くて痛みも出てしまうような場合は、
炎症を抑える治療などが行われます。

 

瞼裂斑の原因

瞼裂斑は、原因がハッキリとはわかりません。

眼科医の多くは、紫外線
原因と考えることが多いです。

その理由は、サーファーとか漁師とか
強い紫外線を浴びる時間が長い人ほど
発症率が高い
からです。

加齢も原因の一つと考えられていますが、
若い世代でも起こることなので、
加齢は大きな影響ではなく、
長年の紫外線ダメージと考えるのが自然です。

さらに、若い世代では
コンタクトレンズの使用
原因の一つと言われています。

Sponsored Link



 

瞼裂斑でコンタクトレンズはやめるべき?

瞼裂斑になる原因の一つに
コンタクトレンズの使用がありますが、
それはハードレンズに多い傾向があります。

ソフトレンズではそれほど強く影響しないのですが、
レンズの不適性があると、瞼裂斑だけじゃなく
様々な眼病のリスクが高くなります。

例えば、

翼状片もコンタクトの使用を避けた方が
症状の悪化を防ぐと言われています。

瞼裂斑が疑われる場合は、
まずは眼科医できちんと調べてもらいます。

その上で、コンタクトレンズの使用を避けるべきか、
診断してもらいましょう。

ハードレンズを使用している場合は、
ソフトレンズに変えるだけで症状の悪化を
防ぐ効果が期待できます。

【白目のできもの瞼裂斑

 

まとめ

瞼裂斑による炎症がひどいと、
ステロイド剤の点眼などで
治療することもあります。

市販の目薬では充血や
違和感が治まらない場合は、
眼科医で診てもらった方が安心でしょう。

結膜母斑やシミに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!