白目のシミ?濁りや茶色のくすみなどは何か病気のサインなのか?

この記事は2分で読めます

子供の目は、白目がとてもきれいです。

大人になってから白目を鏡で観察してみると、
子供のころのようなきれいな
白目ではなくなって、何だか自分も
くすんでしまったような気がしますね。

少しくすんでいる程度なら誰にでも
平等に来る老化現象ですが、白目の濁り
だけじゃなく、茶色のシミのようなものがあると
ちょっと心配になってしまいますね。

白目に茶色の濁りやシミのようなものが
できる原因は何があるのでしょうか?

Sponsored Link

白目に茶色の濁りが出るのはなぜ?

白目が赤く充血したりすることは、
日常的に起こりやすいことです。

しかし、茶色の濁りが濃い部分があるのは

  • 結膜母斑
  • 結膜色素腫瘍
  • 瞼裂斑
  • 翼状片

などが考えられます。

茶色のシミのような濁りの多くは、
結膜母斑というものが多く、
黄色のシミは瞼裂斑や翼状片が疑われます。

 

白目のシミの結膜母斑の原因とは

結膜母斑は、小さいものなら
ほとんど確認できないこともあり、
じつはかなリ多くの人にあるものなのです。

結膜母斑以外の結膜色素腫瘍や健康、
翼状片などは、老化や紫外線の影響などが
要因になることがありますが、
結膜母斑に関しては、
遺伝の要素が大きいようです。

遺伝と言ってもホクロと同じようなもので、
同じ場所に同じようにできるという遺伝ではありません。

遺伝要素が強いのなら
結膜母斑を防ぐ方法はないというのではなく、
紫外線は結膜母斑を悪化させる原因になるので、
紫外線から目を守ることは大切です。

Sponsored Link



 

結膜母斑の治療について

結膜母斑があっても、
とくに治療する必要はありません。

眼科医いわく、
じっくりと眼球を観察すると、
ほとんどの人の白目に結膜母斑はあるというので、
治療をすすめることはまずないと思います。

でも、結膜母斑の位置や大きさによっては、
かなり目立ってしまうこともあります。

結膜母斑のせいで、人前に出るのを嫌がったり、
サングラスを外して外出できなくなるなど、
日常生活に支障が出てしまうほど悩む人もいます。

どうしても取り除きたいという強い希望があると
外科手術という方法があります。

いわゆる肌にできるシミと同じように、
レーザーを使った治療法もあるのですが、
飛蚊症という後遺症のリスクがあるので、
治療を考える場合はリスクについて
きちんと調べて選択する必要があるでしょう。

【白目のできものについて

 

まとめ

結膜母斑の他にも、白目に濁りや
シミみたいなものが出ることは
珍しくないことです。

じっくり見ないとわからない程度なら
心配ないとしても、気になることは調べた方が安心です。

心配な場合は眼科医で診てもらいましょう。

結膜母斑やシミに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!