呑気症のお腹の張りで苦しいのはストレス社会が原因かも?

この記事は2分で読めます

呑気症というのは、
空気を飲み込んでしまうクセから起こる
お腹の張りやゲップなどの症状のことです。

空気嚥下症とも言います。

呑気症の原因ははっきりわかっていませんが、
ストレスが関係していると思われ、
ストレスを抱える人が増えている現代社会による
現代病とも言われているのです。

呑気症でお腹の張りやゲップの多発など、
思い当たる方は多いのではないでしょうか。

日常的に苦しい症状が起こっている方は、
対策方法を試してみましょう。

Sponsored Link

呑気症の症状はお腹の張り以外にある?

食事している時や、
飲み物を飲む時には、
人は無意識のうちに空気を飲み込みます。

それはゲップとして出てくるか、
腸内からガスと一緒に排出されます。

呑気症は、空気を飲み込むクセがあり、
胃が張って苦しいとか、
腸が張って苦しいという症状が出てしまいます。

以下が主な症状です。

  • 胃が張る感じが頻繁にある
  • ゲップが出やすい
  • オナラが出やすい
  • 胃が苦しくて吐き気を起こすことがある
  • お腹が張って痛い

呑気症は、胃の不調と間違えやすい症状ばかりなので、
胃薬を飲んでも効果がなくて心配しなり、
胃の検査を受けてみても異常が見つからずに
原因不明で不安を感じることもあります。

 

呑気症になりやすいのはストレス?

呑気症は、もともとのクセもありますが、
早食いの人や、奥歯を噛み締めるクセがある人は、
呑気症になりやすい傾向があります。

そして、呑気症の原因として考えられるのが
精神的なストレスです。

呑気症になりやすいのは、
働く世代の女性に多いと言われています。

ストレスを感じると、
歯を噛み締めると同時に空気を飲み込むのは、
自分で気が付いていないだけで無意識にやっているのです。

しかし、

女性の場合は男性とは違い、ゲップや
オナラを我慢する
クセもついています。

お腹がどんどん張って苦しくなり、
痛みまで感じるようになるのです。

空気を飲み込むだけなので、
病気ではないとしても、
お腹の張りで痛くなるのは苦しいものです。

Sponsored Link



 

呑気症の治療方法

呑気症の対策としては、
まず食事の時に空気を飲み込みすぎないように、
ゆっくりと時間をかけて食べるようにしましょう。

よく噛んで食べると
余計な空気を飲み込む回数も減ってきます。

噛み締め癖がある場合は、
マウスピースを装着する方法もあります。

関連:噛み締めを予防する市販のマウスピースに小顔効果もあるってホント?

もっとも効果が期待できるのは、
精神的な原因を排除するために、
抗神経薬や精神安定剤などを使う治療です。

ガスでお腹が張って痛くなるような時は、
腸内環境を整える整腸薬やガスを消す医薬品などで
対処するとラクになることがあります。

ただ、根本的に呑気症の原因を改善しないと
なかなか症状を抑えることが難しいでしょう。

関連:呑気症が原因のお腹の張りには市販薬のガスピタンが効くのか?

【呑気症とストレス

 

まとめ

胃の調子が悪いと勘違いしている人が多い呑気症。
心当たりのある人は多いのではないでしょうか。

原因不明の胃の不調やお腹の張りがあるなら、
不必要に空気を飲んでいないか
自分自身を観察してみましょう。

呑気症に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!