疲労回復の睡眠の仕方!質を向上し短時間でも睡眠不足にしない方法

この記事は2分で読めます

疲れが取れない時には
あなたはどのような方法で
疲労回復の工夫をされていますか?

疲労回復にはスタミナをつけるための
栄養満点の食事がもちろん重要です。

そして、

もう一つのカギは睡眠です。

人間が生きて行く上で、
睡眠は欠かせない生命活動です。

疲労回復のカギを睡眠から
探ってみようと思います。

Sponsored Link

疲労回復できない睡眠チェック

いくらしっかりと眠っても
睡眠の質が悪ければ
疲労回復できなくて、
疲れが残ってしまいます。

睡眠の質に問題がないかどうか、
その内容をチェックしてみましょう。

睡眠時間

疲労回復のために、とにかく長く眠れば
それで疲れが癒されるわけではりません。

睡眠時間が長く過ぎるのも良くありません。

理想的な睡眠時間は7時間~9時間
くらいだと言われています。

これ以上眠らないと
目が覚めても起きられないような人は
良い睡眠がとれていないかも知れません。

 

寝つきが悪い

寝つくまでに30分以上かかる場合は
脳が疲れていて眠りに入るための準備が
整っていません。

yjimage

自律神経の乱れが原因で
寝つきの悪さを引き起こすのですが、
その原因の一つに光刺激があります。

目から入る光が脳を刺激して
眠りに入る準備ができないのです。

眠ったとしても脳が休まっていないので、
浅い眠りしかとれず、目が覚めても
スッキリしないのではないでしょうか。

寝る前にぎりぎりまでスマホ画面を
見ているような人は要注意です。

 

手足が冷えている

身体の末端に血液が行き届いていないと
眠りに入るのを妨げて、眠りの質を高める
アミノ酸の生成が低下するので
疲労回復できないことがあります。

眠っている間には、
細胞の修復をするために
エネルギーの代謝も必要なのですが、
身体の末端が冷えていると、
その代謝機能も弱くなるのです。

 

疲労回復を高める睡眠

疲れた身体を修復して、翌日に
疲労を残さない睡眠をするために
良い眠りのための方法をご紹介します。

 

体内時計をリセットする

脳が休息できるようにするためには
自律神経のバランスを整えることが
大切です。

そのためには乱れがちな体内時計を
正しく整えて、交感神経と副交感神経
バランスよく保たれるようにします。

体内時計をリセットするために
効果的な方法は、朝の太陽の光
浴びることです。

これだけで人間の身体の体内時計は
整えられるのですよ。

 

入浴する時間を調整する

お風呂で温かくなってから1時間以内に
就寝しても、深い眠りに入るまでに
時間がかかってしまいます。
yjimage
体温が上がった状態では、
眠りに入るための脳内物質が上手く
働かなくなるからです。

体温が緩やかに下がる頃になると
自然に眠りに就きやすくなり、
深い眠りにスムーズに入るので、

リズムの良い睡眠で疲労回復効果を
高めることが期待できるのです。
寝る前の2時間~3時間前に入浴するのが
良い眠りを誘います。

Sponsored Link
 

食事の時間を調整する

寝る前の4時間は食事をしない方が良いのは
太るのを防止するためだけじゃなく、
良い睡眠をとるためでもあります。

食べ物を食べた後に消化して分解し、
さらに体内に栄養として吸収するためには
多くの血液が消化機能に必要になり、
疲労回復ができなくなります。

寝る前には夕飯の消化ができているのが
理想的な睡眠に入るので、
夕食の時間も見直してみてください。

参考:疲労回復に効果抜群な食材!スタミナ倍増でスポーツの筋肉痛にも

 

 

まとめ

疲労回復のカギとなる睡眠。

ただ眠るだけではなく、
同じ時間でも質の良い睡眠を取れるように
眠りの準備にも工夫をしてみましょう

良い睡眠ができていれば
ダラダラと長い時間眠らなくても目覚めも
スッキリして、日中にも睡魔に頻繁に
襲われるようなことも避けられるのでは。

眠りの質の向上にこだわってみましょう。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!