子連れ再婚で苦労するケースってどんなことがあるのかまとめてみた!

この記事は2分で読めます

今の世の中、離婚経験がある人は
珍しくもないですし、
バツの数は1つくらいなら、
逆にモテるなんて言われるほどです。

ですから、今では結婚するカップルは
初婚同士じゃなくても驚きませんね。

なんと、結婚するカップルの4組に1組が
再婚という世の中になっているのです。

夫婦のどちらかが再婚であったり、
再婚同士のことも多くなっています。

それで子連れ再婚も増えているわけです。

しかしながら、子連れ再婚には苦労は付き物で、
かなりの覚悟が必要だと言われているのです。

Sponsored Link

子連れ再婚の苦労とは

子連れ再婚は、色々なケースで
苦労の度合いに差があります。

いくつかのケースがありますので、
ケースごとに紹介していきます。

 

お互いが子連れで再婚するケース

お互いに離婚する時に親権と養育権を
持ったもの同士が
再婚するとなると、
子連れ再婚と同時に子供同士も
新しい家族が一気に増えることになります。

一人っ子同士で子連れ再婚すれば、
いきなり兄弟姉妹ができるわけです。

じつは、

子連れ再婚でも一番うまくいくのは、
このケースが多いという説があります。

どちらも同じく子連れでの再婚なので、
子供同士がスムーズに仲良くなれると、
夫婦で引け目を感じにくくなるのでしょう。

関連:再婚前に考えておきたい子連れ婚の問題とは?養育費はどうなっちゃうの?

 

どちらかが子連れで再婚するケース

シングルマザーが子連れ再婚する相手が
初婚であるとかなり苦労が予測できます。

離婚歴があり、子供は別れた
相手のもとで暮らしていると、
子供に対する接し方も未経験ではないので、
スムーズに家族として
馴染める可能性があります。

初婚の男性は、子供に接することに
慣れていない
ので、十分に子供との時間を
作ってからじゃないと子連れ再婚しても
家族みんながストレスを
感じることになるかも知れません。

もしも再婚してから子供が授かった場合に、
自分の血を引く子供と血がつながっていない
子供との間で悩むこともあると考えられます。

関連:子連れ再婚に反対されたらどうすれば説得できる?解決策の事例を紹介!

Sponsored Link



 

子連れ再婚の男女差

シングルマザーとシングルファーザーでは、
再婚を希望しているのはシングルファーザーの
家庭の方が
多いというデータがあります。

もともと共働きで家事も育児も仕事も
女性は一人でこなしてきた経験があると、
シングルマザーになっても再婚したいとは
思わないのでしょう。

逆にシングルファーザーになって
初めて家事を本格的にするように
なった男性
も多く、慣れない家事に
戸惑うことも多くなります。

シングルファーザー世帯の子供の方が、
父親の再婚を応援してくれる傾向があるそうです。

関連:子連れ再婚がうまくいかない5つの原因!成功の秘訣とは何なのか?

【子連れ再婚で注意すること

 

まとめ

子連れ再婚は絶対に苦労する。
実際に幸せになる夫婦も沢山いるのですから
苦労のイメージばかりが
先行するのは良くないことです。

子連れじゃなく、再婚でもなく、
初婚同士の夫婦でも苦労があるのですからね。

子供ことを最優先に考えなければ
いけない時期の再婚は、焦らずに時間を
かけることが大切なのではないでしょうか。

子連れ再婚に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!