ジアミンフリーの白髪染めを美容室で行うことのメリットとデメリットまとめ!

この記事は2分で読めます

白髪染めやヘアカラーに含まれる
酸化染料のジアミンのアレルギーは、
ひどい皮膚炎を起こすことがあるだけじゃなく、
アナフィラキシーショック
の危険もあります。

ジアミンアレルギーを起こすと、
それ以降は簡単にヘアカラーや
白髪染めはできません。

しかし、美容室では
ジアミンフリーの染料を使って
白髪染めすることができるのです。

全ての美容室でジアミンフリーの
白髪染めができるわけではないですが、
調べると結構あるのですよ。

ただ、ジアミンフリーの白髪染めなどの
ヘアカラーを美容室で施術するには
メリットもあるし、デメリットもあるので、
比較して検討してみましょう。

Sponsored Link

美容室でのジアミンフリー白髪染めのメリット

ジアミンフリーの白髪染めのメリットは、
とにかく安心して染められることに限ります。

美容室でプロに染めてもらえば、
ジアミンを使った白髪染めとほとんど差はなく、
キレイな染め上がりになります。

ただ、明るいカラーに染めるのは
ジアミンフリーの白髪染めでは難しいので、
ダークな髪色に染め上げたい方にはおすすめです。

 

美容室でのジアミンフリー白髪染めのデメリット

ジアミンフリーの染料のデメリットは
退色する時の色の落ち具合が激しいことです。

要するに、長持ちしないので、
せっかく染めてもまたすぐに
白髪が目立ってしまうのです。

美容室では技術料が高いので、
市販のジアミンフリーの白髪染めを使うよりも
料金も当然ながら高くなります。

お金をかけても長持ちしないので、
コスパを考えると考えてしまいますね。

関連:ジアミンアレルギー検査は自宅でもできる!パッチテストは染める前に必須!

Sponsored Link



 

ジアミンフリーの白髪染めにおすすめ

美容室でジアミンアレルギーの心配なく
白髪染めをするのなら、
酸性カラー(ヘアマニュキュア)を使って
染めてみるのも一つの方法です。

酸性カラーはいわゆる
ヘアマニュキュアのことですが、
市販されている安価のヘアマニュキュアとは違い、
発色も良く、色持ちも悪くないです。

一か月くらいは持つと思います。

髪の表面に酸性の染料を
付着させるだけ
なので、
髪の内部にまで染料が入りませんから、
時間が経てば剥がれてきます。

しかし、

コーティング効果があるので
髪のツヤや指通りは良くなるので、
髪が傷んでいるけど白髪染めもしたい
という方にはおすすめです。

ヘアマニュキュアは地肌につくと
簡単に落ちないので、美容室で
染めてもらった方が安全です。

生え際など部分的に染めるだけなら、
プロ仕様のヘアマニュキュアで
セルフカラーしてもそんなに
難しくないでしょう。

関連:ジアミンアレルギーは治る?時間を空ければカラーリングしても大丈夫なのか?

【ヘアカラーで顔面アレルギー

 

まとめ

ジアミンフリーの白髪染めを扱っていなくても、
酸性カラー(ヘアマニュキュア)なら
扱っていることも多いので、
興味がある方は問い合わせてみてはいかがでしょう。

ジアミンやヘアカラーに関しては
別の記事でも紹介しておりますので、
ぜひ参考にしていただければと思います。

ジアミンに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!