柚子湯に入ると肌にかゆみが出るのはなぜ?体にいいんじゃなかったの?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

柚子を湯舟に浮かべて入る柚子湯は、
寒さが身に沁みてくる冬至の習慣です。

柚子の良い香りが広がる湯舟は、
ストレスを癒すリラックス効果も高いので、
日ごろの疲れを解消するためにもおすすめです。

ところが、柚子湯に入ると
お風呂上りに体のあちこちに
かゆみが出てしまうことも。

なぜ柚子湯に入るとかゆみが出るのか、
その原因をご説明しましょう。

柚子湯でかゆみが出る原因とは

冬至の日にお風呂に柚子を浮かべるのが
本来の柚子湯ですが、
柚子のエキスを使った入浴剤もあります。

柚子には血行促進の効果があるので、
寒さが一層厳しくなる季節には
柚子湯で温まることが良い健康習慣なのでしょう。

しかし、

かゆみが出るのは困りますね。

かゆみが出ると、
柚子に対する植物アレルギーなのでは?

と心配になると思います。

植物アレルギーはどんなものでも
起こる可能性があるので、
絶対にないわけではないです。

でも、

柚子湯に入って起こるかゆみの原因は
柚子の果皮に含まれるリモネン
という成分によるもの
で、
一時的な刺激から起こると考えられます。

 

柚子湯でかゆみが出ないようにする方法

かゆみの原因だと考えられる
「リモネン」という成分は、
精油として使われることもある成分ですが、
油汚れなどを落とす作用もあります。

油汚れの部分にミカンなど
柑橘類の外皮をこすり付けると
油が落ちるのでリモネンは洗剤に
使われることもある
のです。

石油系の成分よりも肌にやさしいので、
手荒れしにくい食器用洗剤などに使われています。

リモネンは油性成分なので、
乾燥を防ぐ効果もあるのですが、
リモネンの溶け出したお湯で肌を擦ったりすると、
皮脂が奪われてしまうことがあるのです。

お風呂上りに皮膚が急激に乾燥して
ヒリヒリしたかゆみになるのは、
皮脂がすっかり取れてしまったことが
原因になると考えられます。

Sponsored Link



 

そこで、乾燥しやすい肌質の人が
かゆみを起こさずに柚子湯を楽しむ方法として、
柚子を一度お湯に通してリモネンを減らしてから
お風呂に浮かべるという方法を試してみてください。

お湯に入れから、柚子をあまり強く揉んで
リモネンを絞るようなことは
しないようにしましょう。

皮だけをむいて乾燥させてから
ネットに入れてお湯に浮かべても良いですよ。

それでもかゆみが出る場合は、
リモネンが原因ではなく、
柑橘の酸の刺激に敏感なのかも知れません。

ひどいかゆみが出るのなら、
柚子湯は控えた方がいいでしょう。

関連:冬至といえば柚子風呂の日!由来はいつから始まったのか迫ってみた!

【カピバラも柚子湯を満喫♪

 

まとめ

冬至に柚子湯にはいるのは
かゆくて止めてしまったという方もいます。

でも、これは血行がよくなっている
証拠でもあります。

また、湯通ししてから入れると、
かなりマイルドになるので、
試してみてはいかがでしょう。

柚子湯に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ