絵馬をかけるところってどこがベスト?奉納する場所が違うと意味ないの?

この記事は3分で読めます

  • 合格祈願
  • 安産祈願
  • 病気平癒

など、神社に参拝する時に願い事を
絵馬に書いて奉納されています。

絵馬というのは、
字の通りで、馬の絵を描いたものです。

最近では、恋愛成就にハートの絵馬など、
工夫を凝らした絵馬もありますが、
シンプルなのは馬が描かれたものです。

絵馬を奉納する場所は
絵馬掛所というのですが、
絵馬が鈴なりのように重なり合って、
下の方にある絵馬は神様の目に留まらないのでは?

と心配になってしまうほどです。

絵馬を奉納する場所にかけるのではなく、
絵馬を持ち帰ってしまう方もいるそうです。

絵馬のかけるところによって、
効果が変わってくるのでしょうか?

絵馬を奉納しなくて持ち帰っても良いものなのか、
そもそもの絵馬の由来について調べてみました。

Sponsored Link

絵馬を奉納する習慣はいつから始まった?

神社に絵馬を奉納するようになったのは、
はっきりした起源はわかっていません。

しかし、奈良時代以降であると言われています。

その理由として考えられることは、
奈良時代までは神様へ奉納するものは、
生き物や食べ物など自然のものでした。

とくに馬は、神様が馬に乗って天から降りてきた
という神話が伝わっていたので、
神様の乗り物として馬を奉納していたのです。

由緒のある神社には、
今でも馬がいますし、
馬の像が神社の境内にいることもあります。

しかし、実際に馬を奉納できるのは、
富に恵まれた一部の人だけ。

そこで、誰しもが神様に奉納できるように、
馬の絵を描いて奉納するようになった
と言われています。

もともとは、願い事を書いて
奉納していたわけではなかったのですが、
神様への願い事を記して奉納することが
一般庶民の間に広まったと考えられます。

 

絵馬の書き方

絵馬の書き方ですが、
現在のように個人情報について
神経をとがらせることがなかった時代では、
名前だけじゃなく住所まで書いて
奉納していることも珍しくありませんでした。

神社に参拝する時には、
自分の名前を住所を言ってから
お礼を伝えるのが正しいお参り
仕方だとも言われます。

神様は、沢山の人たちの参拝を受けるのですから、
どこの誰だとも名乗らないのは失礼なのでしょうか。

絵馬の書き方はとくに決まりが
あるわけじゃないですが、個人を
特定できるようなことは書かないようにと
注意が促されている神社もあります。

個人情報を隠す工夫がされている
絵馬もあるんですよね。

基本の書き方は
奉納と書くことと、
願い事はシンプルにすること。

そして願い事が見えるように
掛けるようにしましょう。

【絵馬の秘密

Sponsored Link



 

絵馬をかけるところ・奉納する場所

絵馬の本来の由来から徐々に変化して、
現在は絵馬に書いた願い事は、
できるだけ多くの人の目に触れる方
願いが叶いやすいと言われています。

そのため、絵馬を奉納する場所には、
人の目に触れやすい高さに絵馬が集中してしまい、
上からどんどん重ねられてしまいます。

しかし、

だからと言って人の目に触れにくい
下の方に掛けるのもせっかくの
願い事が全く誰の目にも触れることが
なくなってしまうかも知れません。

持ち帰って誰の目にも触れないところに
密かにしまっておくのも意味がないことになってしまいます。

参拝者が多い神社では、
どんどん重なってしまうので、
目に触れるのは短い期間なので、
できるだけ人の目の高さの場所
探すようにしてください。

 

 

まとめ

絵馬の奉納する場所で、
他の人の絵馬を見るのは
失礼だと思っている人がいるようですが、
それは違います。

絵馬は人目に触れる方が良いので、
色んな願いを眺めるようにしましょう。

絵馬に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!