冬至といえば柚子風呂の日!由来はいつから始まったのか迫ってみた!

この記事は3分で読めます

毎年、冬至の日には、
かぼちゃを調理して食べるとか、
柚子を湯舟に浮かせて入るとか、
冬至ならではの風習があります。

なぜ冬至が柚子風呂の日になったのか、
その理由について考えたことはありますか?

何となく柚子風呂の日だから・・
という感じでしょうか。

冬至に柚子風呂に入ったり、
かぼちゃを食べるようになったのは
いつから始まったのかの由来を
掘り下げてみたいと思います。

Sponsored Link

2017年の冬至とはいつ?

冬至は、何月何日と固定ではなく、
毎年変動します。

2017年の冬至は12月22日です。

この日は、1年の中でもっとも
日照時間が短い
のです(北半球において)

反対に日照時間がもっとも長い日は夏至です。

冬至や夏至は、太陽をもとに暦を計算していた
太陽暦(旧暦とも言います)の中では、
とても重要な節目になる日です。

日照時間が短いということは、
太陽のパワーが弱いと考えたため、
この日を境目にして、また太陽のパワーが
復活していくという意味でお祝いされてきました。

現在では、明るい時間が短い日くらいで、
特別な意味を考えることもないでしょうが、
太陽や月の満ち欠けから暦を作ってきた古来では、
重要な日だったのでしょう。

 

冬至が柚子風呂の日となった由来

冬至に柚子風呂に入るようになったのは、
江戸時代から始まったのではないか?

と考えられています。

なぜ柚子をお風呂に入れるようになったのか、
その理由には諸説あります。

柚子(ゆず)から融通(ゆうずう)

が利くと語呂合わせしたとか、

湯治(とうじ)と冬至(とうじ)

の読みからとか、柚子の強い香りが
厄払いになったという説があります。

江戸時代には家風呂よりも
銭湯文化が発達していたので、
客集めのために色々なアイデアが生まれて、
その中に柚子湯があったという説もあります。

柚子の香りはリラックス効果がありますし、
柚子の果皮に含まれる成分には、
皮膚を潤わせる油分も含まれています。

これからどんどん寒くなる季節に向かって
喜ばれたことで、現在にも
残ってきたのではないでしょうか。

Sponsored Link



 

冬至にかぼちゃを食べる理由

冬至にかぼちゃを食べるようになったのは、
運盛りという縁起かつぎからだと考えられます。

かぼちゃを食べる理由についても
諸説あるのですが、
有力な説としてはかぼちゃのことを
南瓜(なんきん)と呼んでいたことから、

冬至に「ん」のつくものを食べると
縁起が良いという運盛りの
縁起かつぎから始まったとう説があります。

【カピバラも柚子湯を満喫♪

 

まとめ

冬至は柚子風呂の日として
現在も続けられているのは、
柚子の良い香りのお風呂は
やはり気持ち良いからでしょうね。

理由はともあれ、
お風呂好きな日本人にとって
残していきたい風習なのではないでしょうか。

柚子湯に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!