ヘアカラーアレルギーがあっても染めたい!どうすれば染められる?

この記事は3分で読めます

ヘアカラーによるアレルギーで
過去にひどい目に遭ったことがあれば、
もう二度と髪を染めたいなんて思わない。

たしかに、ひどいアレルギーは困りますから、
それは避けたいわけですが、
アレルギーを起こさないヘアカラーがあれば
染めたいと考える方は多いでしょう。

今回は、ヘアカラーアレルギーがあっても
染めたいという方のために
ヘアカラーアレルギーの心配なく
染められる方法を調べてみました。

Sponsored Link

ヘアカラーアレルギーは怖い?

ヘアカラーアレルギーは
症状の個人差が大きいので、
軽いアレルギーだと気が付かないこともあります。

少しヒリヒリするかも

とか

かゆいかな?

程度で症状がおさまると、
特に問題を大きく考えない方が多いでしょう。

ヘアカラーに含まれる
アレルギーを起こす成分には、
ジアミン系の酸化染料があります。

このジアミンのアレルギーは、
ある時、突然重度のアレルギー症状が
出ることもある
のですが、
軽度のアレルギー症状が徐々に積み重なって、
急に重症になることもあるので怖いのです。

関連:ジアミンアレルギー検査は自宅でもできる!パッチテストは染める前に必須!

 

ヘアカラーアレルギーでも染めたいときは?

ヘアカラーのアレルギーは出なくても、
もともとがアレルギー体質の人は、
いつヘアカラーアレルギーが起こるのか
ビクビクしながら
染めている
のではないでしょうか。

それは私自身にも当てはまることです。

今は問題なくても、もしかしたら
次はアレルギーが出てしまうかも知れません。

それでも染めたい時には、
ヘアマニュキュアやジアミンフリーのヘアカラー
使っているヘアサロンに相談してみようと思い、
ノンジアミンカラーを
扱っている美容室
を探してみました。

ところが、驚くほど少ないのです。

もちろん、検索してヒットする
美容室以外にもノンジアミンカラーを
扱っているサロンはあると思いますが、
一軒ずつ電話で問い合わせるのも大変です。

どうしても染めたい場合は、
ホットペッパービューティーや
EParkビューティーなどで

ノンジアミンカラー

で検索してみてください。

お住まいの地域で見つかれば
染めることも可能です。

ジアミン系のカラーは、
妊娠中の方は使わない方が良いので、
妊娠中の女性のためにノンジアミンカラーを
準備しているヘアサロンもあります。

数は少ないですが、
どうしても染めたいなら、
根気よく探してみるしかありません。

Sponsored Link



ノンジアミンカラーは、
染め上がりの発色が難しいので、
扱いにくいことから、
プロもあまり使いたくないと聞いたことがあります。

思い描いたような染め上がりに
ならないことも考えられるので、
少し許容範囲を広げるようにしないと、
満足できないかも知れません。

関連:ジアミンアレルギーは美容院でも起こるってホント?安心しきっていると危険

【ヘアカラーで皮膚トラブル

 

まとめ

ヘアカラーによるアレルギーは、
ジアミン以外の成分でも起こることはあるので、
100%安心できるものがありません。

染めたい時に簡単にすぐに染められるヘアカラーは
とくに注意した方が良いでしょう。

ジアミンに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!