ルテインの効果は子宮筋腫や子宮内膜症にも役立つって知っていましたか?

この記事は3分で読めます

ルテインは、最近話題の健康成分です。

ブルーライトを浴びる機会が多い現代の人は
目のダメージが強いので、
目の健康のために必要な健康成分として
ルテインはとても注目されています。

でも!

目に良い成分というだけではないのですよ。

子宮筋腫や子宮内膜症などにも
ルテインは必要なんだとか。

そこでルテインの効果が
子宮にどのように関係するのかご紹介します。

Sponsored Link

ルテインの効果とは

ルテインは、緑黄色野菜に含まれている
天然色素のカロテノイドの一種です。

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • ケール
  • ニンジン
  • カボチャ
  • とうもろこし

などに含まれています。

ルテインの効果として
眼精疲労の予防や、白内障の予防、
加齢黄斑変性の予防など、
眼にかかわる病気を防ぐ
ことが話題になっています。

これはルテインが、
黄斑体という眼の部位に多く含まれるからです。

黄斑にルテインがしっかり存在することで、
眼の中に入ってくるブルーライトや紫外線など
可視光線を吸収して網膜へのダメージを防ぎます。

このような眼への効果の他にも、
抗酸化作用が高いルテインには、
アンチエイジングに役立つ成分でもあります。

シミやたるみ、しわを防ぎ、
若々しくあるためにルテインは役に立ちます。

 

ルテイン不足が子宮筋腫や子宮内膜症に

ルテインは子宮頸部に存在しているのですが、
眼への効果の方が注目されているので、
子宮への効果についてはあまり知られていません。

しかし、子宮頸部のルテインが不足すると、

  • 生理痛
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症

などのリスクが高まると考えられています。

女性特有の様々な病気は、
遺伝や生活習慣などが原因としてあげられますが、
ルテインをしっかり摂取することは、
そのリスクの軽減
役立つのではないでしょうか。

人間のカラダで合成することができない
ルテインなので、緑黄色野菜をしっかり摂って
ルテインが不足しないように
気を付けていきましょう。

Sponsored Link



 

ルテインの摂り方

ルテインは、緑黄色野菜に含まれているので、
緑黄色野菜を食事にしっかり取り入れれば
不足することは心配ないのですが、
食事のバランスが乱れている時などは、
ルテイン不足になってしまう恐れもあります。

緑黄色野菜を必ず毎日食べることが難しいなら、
ケールを含んでいる青汁を飲むのも良いですよ。

ケールは、ほうれん草やブロッコリーよりも
ルテインを多く含んでいるので、
ルテインを摂る目的としてはピッタリです。

青汁は健康にも良いので、
続けている方は多いですが、
原料にケールが含まれているか、
確認してから選ばれると良いと思います。

【ルテイン感動の27連発

 

まとめ

ルテインのサプリも増えていますが、
お年よりの眼病予防のためのサプリだと思っていて
若い人はあまり興味が持たれていないようです。

しかし、子宮にも大切な働きがあるとしたら、
若い女性も興味が出てくるかも知れません。

気になる方はルテインをチェックしてみましょう。

ルテインに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!