ジアミンが入っていない白髪染めのメリットとデメリットを見てみよう

この記事は3分で読めます

ジアミンが入っているヘアカラーを使うと
ひどいアレルギーを起こすことがあるので、
一度でもヘアカラーでアレルギーが出てしまうと、
白髪が増えてきても染められなくて困ります。

でも、

ジアミンが入っていない白髪染め

もいくつかあります。

ジアミンはアレルギーを起こしやすい
危険な成分なのに、今でも
多くのヘアカラーに使われているのは、
簡単に染められるメリットが大きいからでしょう。

ですから、ジアミンが入っていない白髪染めは
ジアミン使用の白髪染目に比べて、
色々と問題点があるようです。

そこで、ジアミンが入っていない白髪染めの
メリットとデメリットをチェックしてみました。

Sponsored Link

ジアミンが入っていない白髪染めの種類

ジアミンは、ヘアサロンで使う
ファッションカラーや白髪染めでも
使われるほどポピュラーなものなので、
ジアミンが入っていない白髪染めを探すのは
そんなに簡単ではありません。

ジアミンが入っていない白髪染めは
使い方や原料の違ういくつかの種類があります。

  • ヘナカラー
  • ヘアマニュキュア
  • ヘアカラートリートメント
  • ジアミンフリーヘアカラー

ジアミンを使用していない白髪染めとして
現時点で市販されているのは、
この4つのタイプに分かれています。

どのタイプも、ジアミンアレルギーがあっても
安心して白髪染めできることがメリットですが、
デメリットとなることも少なくありません。

関連:ジアミンアレルギー検査は自宅でもできる!パッチテストは染める前に必須!

 

ジアミンが入っていない白髪染めのメリット

ジアミンを使っていない白髪染めは、
髪の毛に与えるダメージが
少ないことがメリット
です。

アレルギーを起こす原因になるジアミンは
酸化して毛髪を染めます。

一般的な白髪染めでは、
2剤式といって、ブリーチ剤をしてから
黒髪の部分も白髪の部分も同じように染めます。

強い酸化によって染めるジアミンが入っていると、
均一にきれいに染め上がるのです。

いかし、とてもダメージが強いのです。

金髪にしたり、明るい色に
染めるわけじゃないのに、
バサバサに傷むことになるのです。

ジアミンフリーの白髪染めでは、
脱色しないで白髪を染めるものがほとんどですから、
ダメージが少なく、トリートメントカラーなどは
白髪染めしながらヘアケアできるので、
使えば使うほど髪の毛が健康になって
ツヤツヤの美髪になれるのがメリットです。

Sponsored Link



 

ジアミンが入っていない白髪染めのデメリット

ジアミンを使っていない白髪染めの
タイプによってデメリットが違います。

【ヘナカラー】

オレンジ色が強くなる
染めるのに長い時間がかかる

【ヘアマニュキュア】

頭皮につけられないので生え際が目立つ
剥がれる時にキューティクルも剥がしてしまう

【ヘアカラートリートメント】

染まりにくい
色落ちしやすい

【ジアミンフリーヘアカラー】

真っ黒に染まりやすい
種類が少ない

 

以上デメリットを上げてみました。

どんなにデメリットがあるとしても、
ジアミンアレルギーを起こすよりもマシだと思って
不満を抱えながら使っている人もいます。

比較しながら自分に合った白髪染めを
見つけていきましょう。

関連:ジアミンアレルギーでも白髪染めができる方法があるってホント?

【ヘアカラーで皮膚トラブル

 

まとめ

ジアミンの入っていない白髪染めの種類も
かなり増えているのです。

アレルギーの心配をしないで
白髪染めできるようになると嬉しいですね。

ジアミンに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!