ジアミンアレルギーは美容院でも起こるってホント?安心しきっていると危険

この記事は2分で読めます

髪の色を変えたり、白髪染めしたりするときに、
市販されているヘアカラーを使うのか、
美容院でカラーリングするのか、
どちらが髪にダメージが少なくて
キレイに染まるのかと言えば、
圧倒的に美容院の方でしょう。

市販のヘアカラーでは、
ジアミンアレルギーという
ひどいアレルギーを起こして
重症になる危険があるので、
アレルギー体質の人なら、なお更心配です。

しかし、

美容院でもジアミンアレルギーは
起こることが実際にあるのです。

Sponsored Link

ジアミンアレルギーとは

ジアミンアレルギーは、
髪の毛を染めるために使われる
酸化染料の成分にアレルギー反応を起こすことです。

酸化染料というのは、空気に触れると
酸化することによって化学反応を起こして
毛髪を染める特性があります。

パラフェニレンジアミンという成分は、
ヘアカラーに使われる染料としては
とても一般的なもので、
ほとんどのヘアカラー製品に
パラフェニレンジアミンが使われています。

 

ジアミンアレルギーの症状

ジアミンアレルギーの症状は、
個人差がありますが、ひどいと
アナフィラキシーショックを起こして、
呼吸困難や意識障害を起こしてしまうこともあります。

アナフィラキシーショックまでいかなくても、
頭皮に強い痒みが出て、
水ぶくれが沢山できてしまったり、
頭皮から分泌液がしみ出てくることもあります。

頭皮だけにおさまらず、
顔まで腫れてしまい、
目が開かなくなるほど

ひどい皮膚アレルギー
起こすこともあるのです。

Sponsored Link



 

美容院でジアミンアレルギーを起こす恐れ

ジアミンアレルギーの被害が問題になっているので、
市販のヘアカラーを使うのにも
慎重になってしまうことがあります。

市販のヘアカラーで、
深刻なジアミンアレルギーを防ぐために、
必ずパッチテストしないといけないので、
美容院でプロにお任せした方が安心できます。

でも、それは間違いなんですよ。

美容院で使うヘアカラー剤でも、
ジアミンを使っているものが主流です。

なのに、

美容院ではパッチテストはしません

ジアミンアレルギーかどうかは、
事前に判断できる方法はないので、
いつ発症するかわかりません。

事前のカウンセリングでは、
アレルギーの発生を
予知することができないのです。

もしも、染料がヒリヒリしたり、
呼吸が苦しくなるような症状が出たら、
美容院でも遠慮せずに申し出て、
いち早く病院を受診して
重症にならないようにしましょう。

【白髪染めで顔面アレルギーに…

 

まとめ

今は大丈夫でも、
いつ発症するかわからないのが
アレルギーの怖いところです。

ヘアカラーをする時には、
ジアミンアレルギーのことを
頭の片隅に置いておくようにしましょう。

ジアミンに役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。
【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!