気象病の症状を病院で治療するなら何科を受診すればいいの?

この記事は2分で読めます

気象病は台風の時に急な症状が出ることがあります。

雨の日、湿度が高い時など、
これは気圧と関係しているようですが、
ものすごくツライ症状が出てしまったら、
病院に行く必要があるかも知れません。

でも、気象病なんて
ボヤっとした病気なので、
何科を受診したら良いのか迷います。

規模の大きな病院は、
紹介状がないと初診料も高いし、

まずは強い症状のある部位に
関係する町の医院に行ってから
必要に応じて専門医のいる病院に
紹介してもらうのが良いのでしょう。

でも、

気象病は色んな所にバラバラの
症状が起こることもあるので、
何科に行けばいいのか病院選びが困りますね。

そこで、気象病の治療を考える時に
何科の病院に行けばいいのか
参考になるポイントをご紹介しましょう。

Sponsored Link

気象病(天気病)は何科がいいの?

気象病の症状には、
頭痛やめまい、肩こりなどに症状が多く、
自律神経失調症とよく似ています。

自律神経失調症の治療を行う場合には
内科や神経内科です。

気象病の場合でも同じですが、
できれば気象病という理解されにくい症状を
伝えやすい専門の病院があればいいですよね。

ただ、残念なことに、
気象病の専門病院は見つかりませんでした。

しかし、神経内科の中の受診科目として、
気象病や天気病の外来をひらいている病院はあります。

もしも何科にかかったらよいのかわからない場合は、
通える範囲の地域の神経内科を探して、
気象病に詳しい医師がいるかどうか問い合わせてみましょう。

 

気象病で耳の症状には耳鼻科へ

気象病には、耳鳴りがしたり、
耳の中が腫れたような感じがして、
乗り物酔いをしてしまったような症状
感じてしまうこともあります。

気象病は気圧の変化で起こることが大きいので、
耳への症状も良くあることです。

トンネルに入った時や、
高い山に登った時などに
耳が詰まるのも気圧の影響です。

気象病かどうかわからずに、
耳の不快な症状で耳鼻科に行って色々検査しても
原因がわからない場合もあるのです。

でも、

メニエール病や突発性難聴などの
耳の病気の恐れもあるので、
耳の症状が強い場合はまず
耳鼻科に行ってみましょう。

耳の症状が天気の変化で起こることがわかれば
適切な治療法を考えられます。

Sponsored Link



【気象病の指圧法

 

気象病で精神的な治療を行う病院

自律神経失調症と共通する症状が多い気象病は、
まさか天気が影響していると思わずに、
心療内科や精神科などに
行ってみようと考える方もいます。

雨の時に気分が落ち込むだけじゃなく、
体への症状も出るのは、精神的な病気の症状の一つだと
知識がなければ考えてしまいます。

まずは体の症状の方から病院を選ぶこと
から始めないと、遠回りするかも
知れないので、体に不具合を
優先して病院を選びましょう。

 

 

まとめ

気象病に詳しい医師は
まだまだ少ないののですが、
専門外来が今後は増える可能性もあります。

もっと気軽の気象病の治療ができるように
なって欲しいものです。

気象病に役立つ記事一覧

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【オセロ】Lv3が強すぎるw

ブログランキング

ブログランキング登録してます。
毎日クリック応援ありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

【ナンプレ】これが解けたら天才!